PARIS/Palais Garnier: DIE LUSTIGE WITWE

パリオペラ座で、メリー・ウィドウを聴いた。そもそもオペラ・オペレッタの類は言葉がわからないからほとんど聴かないのだが、パリオペラ座の雰囲気を見てみたかったのもあり、ボックス席を買って聞きに行った。

キャストは以下のとおり。

役柄 キャスト
Conductor Asher Fisch
Baron Mirko Zeta Harald Serafin
Valencienne Ana Maria Labin
Valencienne Ana Maria Labin
Graf Danilo Bo Skovhus
Hanna Glawari Susan Graham
Hanna Glawari Christina Dietzsch-Carvin
Hanna Glawari Aurélie Nadelmann
Camille de Rosillon Daniel Behle
Vicomte Cascada Edwin Crossley-Mercer
Raoul de Saint-Brioche François Piolino
Bogdanowitsch Francis Bouyer
Sylviane Claudia Galli
Kromow Francis Dudziak
Olga Andrea Hill
Pritschitsch Fabrice Dalis
Praskowia Michèle Lagrange
Njegus Franz Mazura
Susan Graham と Bo Skovhus
Susan Graham, Bo Skovhus. Photo: Julien Benhamou

パリオペラ座のこの演出は、Karita Mattila 版 Hanna のものが有名らしい。実際、上手いのだが、僕が聴いたSuzan Graham もとても良かった。下の Karita Mattia版 Hannaよりも良かったくらい。Vilja Lied の悲しみは心をうったし、lippen schweigenの演技もうまかった。Hannaの心の戸惑いが滲み出して来て、Karita Mattilaよりも可愛らしい感じかな。まぁ、生とYoutubeを比べるのがあまりにも不公平といえば不公平だが。

Danilo 役は、このビデオに出ているのと同じ Bo Skovhus。このビデオは1997年版らしいから、実にこの15年後ということになる。その分老けたが、役に深みが出ても居たと思う。

休憩時間には、プログラム売りの人が「Programme de sorlér 〜♪」と、何か鳥が歌うように売っているのが面白かった。これは、他の国ではあんまり見ないような気が…。イタリアはどうなんだろうか。

この公演の批評は以下のようなところに出ている。

(ドイツ語のコメント)
http://www.der-neue-merker.eu/parispalais-garnier-die-lustige-witwe

やはり、Suzan Graham の Vilialied をすごく褒めている。また、Bo Skovhus の Danilo は、すっかりなりきっているとやはり褒めている。

(Suzan Grahamが体調不良で出られなかった日のコメント)
http://opera-cake.blogspot.jp/2012/03/merry-widow-grahamless-and-joyless.html

(キャストなどの情報)
http://www.opera-online.com/en/items/productions/die-lustige-witwe-opera-national-de-paris-palais-garnier-2012

音楽関連の記事

パリ関連の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください