今年もお世話になった方々へのご挨拶〜Fauré: Pie Jesu

師走も3分の1がすでに過ぎてしまいました。例年のようにあっという間に過ぎ去った一年であり、また多くの方にお世話になって、なんとか過ごすことができた一年でした。

年末年始のご挨拶に、Youtube版カードを作り始めて5年になります。今年は、Gabriel FauréのRequiemよりPie Jesuです。

Fauré: Pie Jesu. (arr. for Flute and Piano)

Pie Jesuは、慈悲深きイエスよ、という意味です。歌詞は非常に短く

Pie Jesu Domine,慈愛深き主イエスよ、
dona eis requiem,彼らに安息を与え給え、
sempiternam requiem.いつまでも続く安息を。

を繰り返す形になっています。

現代のおおくの人には、「Pie Jesu」というとAndrew Lloyd Webberのもの1が思い浮かぶかもしれません。あれも大変うつくしい曲ですが、しかし、Saint-Saënsが「君の『Pie Jesu』こそが唯一の『Pie Jesu』だ。Mozartの『Ave Verum』こそが唯一の『Ave Verum』であるように」とFauréに書き送った2とおり、わたしには「Pie Jesu」といえばやはりこの曲なのです。

ちなみに、以前に録音した『Ave Verum』もここにいちおう載せておきます。

それでは

Happy Holidays!

脚注

  1. Requiem (1985)の1曲。Fauréの影響が顕著だと個人的には思います。
  2. (出所)KANZAKI, Masahide『フォーレ:レクイエムの歌詞と音楽』https://www.kanzaki.com/music/ecrit/faure-requiem.html ちなみに、このページは大変参考になりますので、お読みになることを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください