ロバの教会(のだめカンタービレ)はなんとあの人の…。リュカのおじいさんの正体は?!

今年の春1になりますが、『のだめカンタービレ(13)』2に出てくるロバの教会に行ってまいりました。セーヌ左岸に建つ、サント・クロチルド聖堂(La Basilique Sainte-Clotilde et Sainte-Valère)です3。1827年にパリ市議会によって建造が議決され、1857年竣工したネオゴシック様式の教会です。

のだめカンタービレのロバの教会こと、サント・クロチルド聖堂 (photo: Nat Sakimura)

ちなみに、原作で出てくる絵と似たような角度で比べるとこんな感じ。

『のだめカンタービレ(13)に出て来るロバの教会ことサント・クロチルド聖堂

原作の中の教会の中と実物を比較するとこんな感じです。

ロバの教会の内部(出所)『のだめカンタービレ(13)』P.19と実物の比較

かなり忠実にうつしているといえるかもしれません。

祭壇をアップすると、こんな感じです。

サント・クロチルド聖堂の祭壇(photo by @_nat)

のだめカンタービレの設定では、リュカのおじいさんがここのオルガニスト。2005年ですから、下の歴代オルガニストの表からすると、Jacques Taddei ですね。

サント・クロチルド聖堂の歴代オルガニスト。(photo by @_nat)

Jacques Taddei (ジャック・タデイかな…)は、ピアニスト・オルガニストで1946年6月5日生まれ。1988年からこの教会のオルガニストをはじめ、2007年からはマルモッタン美術館のDirecteur(館長?)も努めていました。ソルボンヌ大学で哲学を修めるとともにパリ高等音楽院(コンセルバトワール)で学び、同校を1等賞で卒業、1973年にはあのロン・ティボーコンクールで優勝しています。また、1987年から2004年まではパリ高等音楽院の校長(directeur)も務めていました。

Jacques Taddei (Source: L’Express 25/06/2012)

なんとなく、『のだめカンタービレ(12)』P.1854に出てくるリュカのおじいさんに雰囲気似ていますね。

リュカのおじいさん。Jacques Taddei になんとなく似ている。(出所)『のだめカンタービレ(12)』

Youtubeには演奏が上がっていないので、AmazonのMP3のリンクを貼っておきます。

[AMAZONPRODUCTS asin=”B00K9JVQQ4″]

高級住宅街であるパリ16区にお住まいでした(ということは、リュカも16区に住んでいたということですよね)が、残念なことに2012年6月にご自宅で亡くなられてしまいました。66歳でした5。まだお若いのに残念なことです。ムムっ。リュカと年齢が合わないな~。ま、いっか。

さて、気を取り直して、この歴代オルガニストの表のいちばん上を見ましょう。そう、セザール・フランクが初代オルガニストです6。『のだめカンタービレ』ゆかりの地に来たこと以上にわたしは感動しましたよ、これには。フランクゆかりの地に来たのだと。おりしも、オルガニストが練習をしていて、この教会の音も聞くことができたので幸せでした。

サント・クロチルド聖堂のオルガン。弾いているのはおそらくオリヴィエ・ペニン (photo by @_nat)

ちなみにこの教会は、毎月第2土曜日夕方5時からオルガン・コンサートをやっているようです。詳しくは、こちら→http://www.orgue-clotilde-paris.info/uk/

最後にそのオルガン7を、現在のオルガニスト、オリヴィエ・ペニンが弾いているビデオを紹介しておきましょう。フランクの 「Pièce héroïque」です。どうでも良いけど、オリバーさんの赤い靴下がオシャレですね8。それでは、どうぞ!

のだめカンタービレ関連の記事

パリ関連の記事

脚注

  1. 2017/3/18
  2. 二ノ宮知子『のだめカンタービレ(13)』講談社(2006)
  3. http://egg.vis.ne.jp/france/vynodame.htmlが特定してくださいました。ありがとうございます。
  4. 二ノ宮知子『のだめカンタービレ(12)』講談社(2005)
  5. 以上、出典は http://www.lexpress.fr/culture/musique/mort-du-pianiste-jacques-taddei_1130458.html
  6. ちなみに、二代目のガブリエル・ピエルネも大好き。また、三代目のシャルル・トゥルヌミールも立派な作曲家でなんとメシアンの先生だそうです。Kohei Kondoさんに教えて頂きました。
  7. このオルガンについての情報はこちら。最後の改修は1999-2005で、Jacques Taddeiの監修のもとにBernard Dargassiesによって行われています。なお、改修に当たっての寄付集めもJackque Taddeiが行ったとのことです。
  8. Identeratiの内輪受けネタです。すみません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください