愛の街「巴里」の夜はベッラ・ノッテ:I Lazzari~カルチエ・ラタンのイタリアン

今回の宿は、ソルボンヌ大学のすぐ脇なのですが、そこから徒歩7分、コレージュ・ド・フランスを超えたあたりの道を右に入ったところに、Google Maps での評価点4.9点、Trip Advisor で5.0点のイタリアン、「I Lazzari」(44 Rue de la Montagne Sainte Geneviève, 75005 Paris) があります。土曜の夜9時過ぎについたのですが、店の前はごった返していて、その人気の程を表しています。カルチエ・ラタンという土地柄、学生さんと見える若い人たちが多いですね。

https://photos.app.goo.gl/K7G9hiOnojsMTkCr2

満席だったのですがお一人様という特質から、5分待ちで隙間の席に入れてもらえました。

料理は、『のだめカンタービレ(11)』のイタリア食堂で頼み残ったスパゲッティ・ポモドーロ。

I Lazzariの Spagetti Pomodoro の麺はムチムチ、オリーブオイルが爽やかで塩加減もばっちり。(photo by @_nat)

スプマンテを飲みながら食べていると、左斜め前の席の若いカップルが、スパゲッティの両端を口に入れてチュルチュルと吸って「チュッ」としてました。そう、まさにこれ。ベッラ・ノッテ。

正面は12人連れの、これは合コンかな。でも、件のカップルみたいにラブラブになっているのはいませんね。まだ、ワインが足りないか。みなさんピザを頼んでいます。ナポリタンピザ、うまそう。

見回してみると、学生さんと思しき人たちがほとんどですね。左奥にちょっと年の行った、教授風のカップルがいますが、それとても僕よりは年下。どうみても、わたしがこの店で最年長です!

さて、食べ終わって、デザート代わりにリモンチェッロを飲んでいると、件の12人組がカメリエーレ1に写真をとってくれとiPhoneを渡しました。12人が入る角度ってのはね、私の席からしか無いのね。それでカメリエーレが私の席に来て、角度を相談しながら撮りましたとさ。

折しも季節はHalloween。風が気持ち良い夜でした。

 

パリ関連の記事

脚注

  1. イタリア語でウェイターのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください