Flickrからの写真の一括ダウンロードのしかた

FlickrがVerizonに買収されたのは2017年。その後、Smugmugに転売されて、サービス内容が近々変更されることになりました。フリーアカウントでは、1000枚までしか写真にアクセスできなくなるのです。「アクセスしたければ金払え」というわけで、ちょっと写真が人質にとられた気分がしますよね。

でも大丈夫。この際だから、一括ダウンロードして、Google Photos なり Amazon Prime Photosなりに移行してしまいましょう。

ダウンロードの仕方は以下の通り。

  1. まず、Flickrにログインしたら、「You」ボタンをクリックします。
  2. 次に「Albums」をクリック。
  1. 「New Albums」をクリック。
  1. すると、次のような画面が開きますので、そこで、下図の赤丸の「Select All」をクリック。
  1. Selectできたら、上のグレーの部分にドラッグ・アンド・ドロップ。
  2. 入ったら、上の図の「new album」と書いてあるところに、「All」とでもなんでも好きなタイトルを書いて、青く反転した「SAVE」ボタンを押しましょう。これは終了までに結構時間がかかると思います。コーヒーでも飲んで待ちましょう。
  3. Saveできると、こんなふうな画面にいくと思います。
  1. ここで、左上の「flickr」ロゴをクリック。すると、トップ画面に行きますから、そこで「You」から「Albums」を選択。
トップ画面から You > Albums と選択
  1. すると、アルバム画面になります。ここで、マウスをアルバムのサムネール画像の上に持っていくと、赤丸で囲ったようなダウンロードボタンが出てきます。
サムネール画像の上にポインタを持っていくと、ダウンロードボタンが出てくる。
  1. これをクリックすると、下図のように、Zipファイルを作るかどうか聞いてきますので、ここは迷わず「Create zip file」を選びます。
  1. これには結構時間がかかります。通知は FlickrMail というもので来ます。Mailといいますが、要は、右上のベルマークの通知のことです。そこを開いて待っていると、最終的には次のような画面になります。
  1. ファイル容量が大きかったので、2つのZipファイルに分割されています。それぞれをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルは解凍して、Google Photoなりのお好きなサービスにアップロードすればよろしいかと思います。1

なお、いや「わたしはFlickrが良いのだ!」という方には、2019年1月8日まで限定で、Proサービスが割引になっています。割引コード

FLICKRPRO15」

です。あと2日なので急げ!

え、どうしてこの記事のカテゴリーが「Identity」かって?

Photo Streamって、自分のアイデンティティの最たるものの一つだと思いませんか?それがいきなりサービス側の都合でアクセスできなくなるというのは、自己主権アイデンティティ(Self-sovereign Identity) の重要さを改めて教えてくれるからです。

2019年は、自己主権アイデンティティ元年になると良いですね!

あらためて、

あけましておめでとうございます

脚注

  1. ファイルの日付は新しくなってしまっていますが、Exifの撮影日情報は保存されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください