FAPI Part 2 がImplementer’s Draft 投票通過しました

おかげさまで、FAPI Part 2 がImplementer’s Draftになりました。思いの外休暇中の人が多く定足数に達するか危惧されましたが、なんとか定足数を満たしめでたくImplementer’s Draftとして認められました。

ご協力頂いた皆様に、深くお礼をもうしあげます。

これで、FAPIはPart 1と2が出揃ったことになります。

実装のフィードバック1を受けて若干手直しをするところはあると思いますが、大枠はこれで決まりです。手直しを多分するだろうなというところとして今意識しているのは、JWSの暗号スイートです。現在はPS256とES256としていますが、銀行が使っているHSM(Hardware Security Module)では、RS256しかサポートしていない例が出てくると睨んでいます。その場合、そのフィードバックのもとにHSMがRS256以下しかサポートしていない場合にはRS256の使用を許すという形の文章を挿入することになると思います。

脚注

  1. 英国の上位9行は、現在これを元にしたプロファイルを来年の1月13日カットオーバーを目指してコーディング中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください