Financial API — Part 1: Read Only Security Profile が Implementer’s Draft投票前の最終レビュー中です。

OpenID Foundation の Financial API WG (FAPI WG)で策定を進めている、『Financial API — Part 1: Read Only Security Profile』が、Implementer’s Draft1投票に掛ける前の最終レビュー中です。Implementer’s Draft 投票は、技術的な要素とそれに関わる知財をロックインするためのもので、Implementer’s Draftになると、実装者は自由に実装が可能になりますので、その点で重要なものです。

もしご関心がおありでしたら、ぜひWGに参加(無料)して、課題管理票 に課題をあげてください。

以下に、目次を記載しておきます。

脚注

  1. ドキュメントは、draft → Implementers Draft → Final と進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください