JWSとJWTがRFCになりました!

ietf-logoずいぶん長くかかりましたが[1]、JSON Web Signature (JWS)とJSON Web Token (JWT) がようやく Standard Track の RFC[2]になりました。それぞれ、[RFC7515]と[RFC7519]です。

ご存じない方のために申し上げますと、JWSはJSONにデジタル署名するための規格です。XML署名のJSON版ですね。JSONシリアライゼーションとCompactシリアライゼーションの2種類あり、Compactシリアライゼーションがあります。

JWTは、このCompactシリアライゼーションのJWSに、いくつかの有用なパラメータ名を導入して、ログイン情報やアクセス許可情報を伝達できるようにしたものです。主にRESTfulなシステムでの利用を想定していますが、もちろんそれ以外でも利用可能です。既に、GoogleもMicrosoftも大規模に実装して使っています。おそらく、皆さん知らないうちに使ってるんですよね。しかし、RFCになる前から大規模に導入してしまう…しかも、Googleの場合はAndroidに入れてしまってますから、もし変更があったらアップデートが大変なわけですが…勇気には頭が下がります。

というわけで、晴れてRFCになったわけなので、皆さんも心置きなくお使いください。

[1] JSON Simple Sign が2010年だから、5年がかりですね…。IETFでJOSE WGができたのが2011年11月、えらく長くかかりました。
[2] RFCには、Informational, Experimental, Standard と3つのトラックがあり、いわゆる「標準」とされるのはStandard Trackだけです。良く引用されるRFCも、多くはInformationalだったりするので、注意してみてみてください。
[RFC7515] http://www.rfc-editor.org/info/rfc7515
[RFC7519] http://www.rfc-editor.org/info/rfc7519

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください