R.I.P Bill Washburn (1946-2014)

Commercial Internet Exchange の初代 Executive Director. XDI.orgの2代目理事長。OpenID Foundation の初代 Executive Director でもある。素晴らしい人だった。彼からの最後の手紙をもう一度ここに掲載しておこう。噛みしめて進んで行かなければならない。R.I.P

友よ

まずはじめにお詫びを言いたい。ずっと連絡しなかったこと。なんと釈明したらよいことやら???

私は以下の診断を受けた。
a) 拡張性鬱血性心不全 (diastolic congestive heart failure)
b) 心アミロイドーシス (cardiac Primary Amyloidosis)
c) 多発性骨髄腫 (multiple myeloma)

今化学療法の第2サイクルをやっているところだ。今のところ、状況はあまりよくなく、改善はあまり見られない。次に何が起こるかはもちろんわからないが、とにかく頑張って戦っている。うっ血性心不全と心アミロイドーシスの問題は、不可逆であり、その進行を止める方法は医学的にはなにも発見されていないわけだが、それでも出来る限りのことはしようと思っている。

君たちがやっていることに追いついて、いろいろと話したいものだ。

私は君たちのことをとてもありがたく思っているし、尊敬している。人生の新しい状況に入って、話したいことはたくさんある。簡潔に言うならば、われわれのプライバシー、個人識別情報管理の必要性、われわれのネット上の存在の制御は、人生の最終段階を迎え、いかにしてこの世から退場するかを考える今、ますますその不可避さを明らかにして迫ってきている。

良い一日を。

友より

 

It is with a sad heart that the news of Bill Washburn’s passing on June 22, 2014 is being shared with all of his connections, colleagues, acquaintances and friends.

Bill had been diagnosed with multiple myeloma and cardiac amyloidosis in the spring of 2011. An avid runner and health enthusiast, the diagnosis came as a complete surprise.

Bill earned a PhD and Masters degree from Stanford University in Public Policy and Ethics and spent over two decades as a trust evangelist and strategist, moving between companies in Silicon Valley and London. His final position was Founding Executive Director of the Berkeley Mobile International Collaborative, located in Berkeley, CA.

Bill was the father of 3 sons and an avid fan of literature, music, dance meditation and gardening.
During the 3 years of his illness, Bill faced each challenge with his unique blend of courage, strength, grace and humor. He also dedicated a great deal of time and energy toward the writing and publishing of his first poetry book “Becoming William”. (available at lulu.com)At the time of his passing, Bill was deeply loved and living in Sonoma county with his partner of nine years, Anna Corba. He will be greatly missed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください