San Jose & Palo Alto

San Jose に Winchester Mystery House というアトラクションがある。あのWinchester銃の生産者の未亡人が30年以上に渡って「霊のお告げ」によって24時間365日作り続けた執念というか妄念というかの家だ。現在の価格にして約500億つっこんだにもかかわらず、安っぽい、張りぼての家の感じ。数部屋だけ豪華な部屋があるが、そこだけは建築家が設計したらしい。素人設計はダメだね。彼女は、他人のアドバイスを一切聞かなかったとのこと。金持ちだったから、YESマンばかりをあつめて、こんな変な家を建てた。お金がもったいない。。。教訓:ちゃんと人の忠告は聞きましょう。

そのあとSan Jose の新繁華街 Santana Row へ。モチーフがスパニッシュに統一された美しい町並み。国立とかもそうすればよいのにと思った。それだけで、全然地価もかわり、ひいては固定資産税も高くとれるようになるというものだが、現在の市政はそういうビジネス的な感覚は全く持っていないのだろう。

Palo Alto に戻ってきて、Stanford の Memorial Church で、Lento のミサ。

夕食は、Cheesecake Factory に入ろうとしたが、激混みでムリだったので、Café Niebaum-Coppolaで、ワインとピザ。安くておいしい。お勧め。ワインは、Coppola ブランドのスパークリング「Sofia Blanc de Blanc」(これは、ちと甘過ぎ)とカリフォルニアメルロー(ブランドは思い出したら追記します)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください