Decentralized, Global, Human-Owned. 理想的なweb3世界(もしあれば)においてIDMが果たす役割

Keynote Panel at the European Identity and Cloud Conference, Friday, May 13, 2022 09:20—09:40 Location: BCC Berlin, C01

告知が遅くなりましたが、今週の金曜日(5/13)にベルリンで行われるEuropean Identity & Cloud Conference のキーノートパネルに登場します。英文タイトルは「Decentralized, Global, Human-Owned. The Role of IDM in an Ideal (If there is One) Web3 World です。

詳細のリンクは、https://www.kuppingercole.com/sessions/5092/1 です。以下、そのDeepL翻訳です。

インターネットはIDレイヤーを持たずに作られ、認証、承認、プライバシー、アクセスをWebサイトやアプリケーションに任せていました。ユーザー名とパスワードは依然として支配的なパラダイムであり、さらに重要なことは、ユーザーが個人を特定する情報をコントロールできないことです。データの悪用、ハッキングや不正操作のリスクは重要な課題となっており、web3の出現と価値の伝達というその中核機能の時代において、新しいアプローチが必要とされています。分散型DLTベースのアイデンティティは、最終的にDeFi、NFT、DAOを可能にするソリューションとなるのでしょうか?この素晴らしいキーノートのパネルに参加して、このトピックを侃々諤々議論してください。

(出所)https://www.kuppingercole.com/sessions/5092/1

パネリスト

  • André Durand, CEO, Ping Identity
  • Martin Kuppinger, CEO, KuppingerCole
  • Nat Sakimura, Chairman, OpenID Foundation
  • Drs. Jacoba C. Sieders, Advisory board member, EU SSIF-lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください