T-Mobile US でのプリペイドSIMプラン「PAYG」用 Data Pass の買い方

T-Mobile US は、PAYGという月額3ドルで電話番号をキープできるサービスを提供している。Google Hangouts などには米国の番号が必要だから、このサービスはとても重宝する。ただ、このプランにはデータが全く付いていない。データ通信を行うのには、Data Pass というものを買い足す必要がある。

Data Pass は 2018/6/22 現在、以下の2種類がある1

  • 1GB 7日間有効 US$10
  • 500MB 1日有効 US$5

1GBプランは、高速通信が1GBまでで、それを超えても無制限に低速通信はできる。しかも、テザリングも可能であるというとても便利なオプションなのだが、なんとWeb上からは購入できない。以前はコールセンターに電話をかけて直接人と話さないとだめという、とてもハードルが高いものだったが、最近は自動音声応答でできるようになった。

方法は、以下の通りだ。

  1. T-Mobileの電話から 611 に電話をする。
  2. なにをしたいのか聞かれるので、「Add a data pass」と答える。
  3. PINを聞かれるが、わからなければ、「I don’t know it」と答えることで突破できる。
  4. 3つのオプションが提示される。(1) 無制限電話とTEXT (2) 1日パス (3) 7日間 Data Pass。キーボードで3を押す。
  5. 確認を求められるので、「Yes」と答える。
  6. すると、うしろでピコピコとキーを打つ音が聞こえて手続きが完了する。

概ねこんな感じだ。

Data Pass は数分以内に有効になるはずだ。

しかし、こういうのって、きっとGoogle Assistantが裏でGoogle Duplex つかってやってくれるようになるんでしょうね。そうすると、外国人にも使いやすくなるのですが…。

 

脚注

  1. くわしくは https://support.t-mobile.com/docs/DOC-7261 参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください