データは誰のものか〜European Identity Conference 2018 Featured Session

4月13日午後9時55分、ふと思い立ってKuppinger Cole のMartin Kuppinger と Joerg Reschに「Facebook, mydata, and Self Sovereign Identity」と題したメール1を出しました。実は、EIC 2018でSelf Sovereign Identity についてキーノートをやらないかと言われていたのにほったらかしにしていて2立ち消えになっていたのが気になっていて、せめてこういうことを考えているということを伝えておこうと思って出したのです。

その30分後、あたらしいパネル・セッションができていました(笑

パネリストは、『インテンション・エコノミー』のドク・サールズ、「Active Directoryの父」キム・キャメロンなど、今のところ超豪華版です。なかなか面白い議論ができるのではないかと思っておりますので、ヨーロッパにお立ち寄りの際はぜひお越しください。

 

 

脚注

  1. https://nat.sakimura.org/2018/04/13/facebook-mydata-and-self-sovereign-identity/
  2. この週はトリプルブッキングになっていて火曜日のスケジュール調整がなかなかつかなかったりいろいろありまして。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください