JWTと JOSEが Special European Identity Award 2014を受賞しました

(ミュンヘン 5月14日)現地時間14日(日本時間15日)、簡明なJSONベースのセキュリティトークンと暗号的に守られたWebで使いやすいデータ形式であるJWTとJOSEの各仕様が、Special European Identity Award  for Best Innovation for Security in the API Economy (European Identity Award – APIエコノミーと最高のセキュリティ・イノベーション特別賞)を受賞しました。対象となった仕様は:

で、その著者は:

です。また、 Dirk BalfanzYaron GolandJohn Panzer, と Eric Rescorla の各氏[1]もまた、これら仕様への特別な貢献を行ったこともここに記します。同時にこれらの仕様の実装を作って相互にテストを進めてこられた、@kjur さん、@novさん、Edmund Jayさん、Vladimir Dzhuvinovさん他の方々[2]もまた高く評価されるべきです。また、個人的には、私がこれらに取り組むことをスポンサーしてくれた野村総合研究所にも深く感謝したいと思います。

賞自体は、Mike Jones, John Bradley と私で受け取り、賞状はMike、トロフィーはJohnが保管してあります。

European Identity Award 2014

ご存知無いかもしれませんが、JWTは結構幅広く使われています。たとえば、あなたが Android スマホで Google Play Store を使っていたら、あなたはJWTを使っています。

というわけで、皆さんもっとJWT, JWS, JWE を安心して使いましょうね!とくに、そう、デベロッパーである、あなた、あなたですよ!

[1] JWxに吸収された各仕様の著者
[2] 別途一覧を作りましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください