「雪やこんこ」はドボルザーク作曲だったんだ…

雪やこんこって、みなさんご存知ですよね。あの有名な小学校唱歌(作者不詳)です。

   『雪』
雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ。
降つては降つては ずんずん積(つも)る。
山も野原も 綿帽子(わたぼうし)かぶり、
枯木(かれき)残らず 花が咲く。

1911年明治44年)の『尋常小学唱歌(二)』が初出。2007年平成19年)に、「日本の歌百選」に選ばれた歌です。

Dvorak1ドボルザーク(1841年9月8日 – 1904年5月1日)という作曲家がいます。交響曲第9番 ホ短調 作品95、B.178「新世界より」 (Z nového světa)の緩徐楽章が「家路」として有名な作曲家ですね。

彼の作品に、聖書の歌 (Biblické písně) Op. 99 B. 185 というものがあります。16世紀のクリチカのチェコ・プロテスタント聖書に基づいて作られた、1894年3月の作品です。当時アメリカに滞在していたドヴォルザークは、前年からこの年にかけて、グノーチャイコフスキーハンス・フォン・ビューローと相次いで偉大な音楽家の訃報に接しました。元来信仰心の篤かった彼は一層敬虔な気持ちになり、聖書に基づく歌曲集の作曲を行ったものと推測されています。その第10番が、「Zpivejte Hospodinu pisen novou (O sing unto the Lord a new song) (主に向かいて新しき歌を歌え)」です。前奏部分に着目してお聴きください。

ドヴォルザーク-聖書の歌10番(再生♪)


ヨゼフ・スーク – Josef Suk (ヴィオラ) ウラディーミル・アシュケナージ – Vladimir Ashkenazy(ピアノ))http://ml.naxos.jp/work/391532

 

「雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ♪」聞こえますねぇ!この歌、作者不詳だったけど、実はドボルザークだったんですね!

「「雪やこんこ」はドボルザーク作曲だったんだ…」への5件のフィードバック

  1. ほほぉ。滝廉太郎がオリジナルとして1900年に作詞作曲したとなっているが、どちらが正しいんだろうか。

Nat Sakimura へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください