米国・患者IDシステム(PIDS)プロジェクト中間報告

7月6日に、OpenIDファウンデーション・ジャパンの会合で、「患者ID システム・プロジェクト(Patient ID System Project, PIDS Project) 」の中間報告を行って来ました。

「PIDSプロジェクト」は、米国連邦政府が推進する「医療分野のネットワーク化」に関する政策検討の中で、米 Kantara Initiative と eCitizen Foundation 主導で行っているパイロットプロジェクトで、OpenIDファウンデーション・ジャパンも資金提供し参加しているものです。具体的には、2004年から検討が開始されている、Nationwide Health Information Network (NHIN) 上のデータと、Microsoft Health Vault やDossia Personal Health Platform のようなPHR (Personal Health Record) のシステムを接続して、これらの間の情報の流通を個人(患者)がコントロールするというモデルの検討です。個人は、Google などの既存のクレデンシャルを利用し、必要に応じてステップアップ認証する形が検討されています。

今回おこなったのは、フェーズ1(パイロットのスコープ決定、2011年2月~)の中間報告です。

前半はNHIN自体のおさらい、後半がPIDSプロジェクトの内容です。資料は以下のとおりです。

上記のスライドの中のビデオは、以下のものです。

httpv://www.youtube.com/watch?v=zWIBT-xolPM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください