WEF(ダボス会議主催者)が新たなレポートを発表

ちょっと旧聞に属するが、2/17にバルセロナで開かれたモバイル・ワールド・コングレスで、World Economic Forum (世界経済フォーラム:例のダボス会議の主催者)が新しいレポートを発表した1。題して、

「パーソナルデータ:あらたな資産カテゴリの出現(Personal Data: The Emergence of a New Asset Class) 」2

電線に、電子を通すと電力産業になり、電子の波を通すと電話に、パケットを通すとインターネットになった。次は、「個人が産み出す情報(Personal Data)」を構造化したものを流すようになり、新たな産業が生まれる。

これが Personal Data Ecosystem で、その根幹をなすのが信頼フレームワーク(Trust Framework)である。

近いうちに時間をみて、簡単にまとめてみようと思う3が、何しろ良いレポートなので、ご一読あれ。

ちなみに、これは世界経済会議が実施している「Rethinking Personal Data」というプロジェクトの一環で作られたレポートで、今年のダボス会議でもReputation.com のMichael Fertik が司会をしてパネルディスカッションが行われている。

(残念ながら、この動画は非公開になってしまいました。)

(出所)Michael Fertik Moderates “Rethinking Personal Data” Session from Davos

脚注

  1. 2011/2/17 @ Mobile World Congress in Barcelona
  2. お恥ずかしながら、私もクレジットされています。
  3. 2020-05-22追記:ごめんなさい。結局やらなかった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください