現代邦楽

今日、午前11時半ごろ、車でNHK FM を聞いていたら、なにやら面白げな邦楽が流れていた。二十絃と思しき低音箏と十三弦の合奏で、通常の邦楽のような「替手」というよりも、きちんと和声がとってある漢字であった。興味があったので、インターネットで調べてみると、「邦楽百番」という番組だったようだ。

11時半ごろだと、吉松 隆作曲の「“すばる”から“五月の夢の歌”“前奏曲の記憶” “過去形のロマンス”“十一月の夢の歌”」あたりだったと思われる。番組表で前後を見ると、西村 朗の曲があったりと、なかなか面白い番組だったようだ。

これからの邦楽は、こういう西洋現代音楽の影響も受けて、伝統の上に築いてゆくのだろうと思った。

邦楽百番

 − 現代邦楽 −

「秘水変幻〜笛と二十絃箏のための」      西村 朗・作曲
                      (16分55秒)
                    (二十絃)吉村 七重
                      (笛)西川 浩平

「“すばる”から“五月の夢の歌”“前奏曲の記憶”
   “過去形のロマンス”“十一月の夢の歌”」吉松 隆・作曲
                       (8分30秒)
                    (二十絃)吉村 七重
                      〃  田村 法子

「綺 羅」                  杵屋正邦・作曲
                       (7分05秒)
                         砂崎 知子

「三重奏曲」                 船川利夫・作曲
                     (一箏)砂崎 知子
                     (二箏)吉田美菜子
                    (十七絃)高畠 一郎

「“楽”から 第三楽章」           沢井忠夫・作曲
                       (3分00秒)
                      (箏)砂崎 知子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください