会計監査基準を見直し

今日の日経のトップ記事は、金融庁が早ければ来年にも会計監査基準を見直して、連結子会社を含めた全事業所の業務手続きを文書として残すよう義務付けると言うものだ。例えば、他の企業との取引について、意思決定の過程「など」を「すべて」文書化するという。

難しいですよね。

「など」を「すべて」と言った瞬間に実施不能になりますから。6月に出るらしい報告書を先ずは見ることにしましょう。

しかし、こうなると、ホリエモンのフジ騒動のの一連の行動は不可能になりますね。相対取引の記録が残るから。んなわけ無いって?そらそうですね。記録残すわけないですから。てことは、正直ものが馬鹿を見る。

★残念★:hammer:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください