イラク戦争はまだ終わっていない

imgres

罠にはまったアメリカ
[田中 宇 2003/11/11]

4月11日にも書いたがイラクの戦争は終わってはいない。「テロ」と米国側は呼んでいるが、少なくともイラク国内で起きているのはテロではなく戦争行為である。

上記の「罠にはまったアメリカ」もこの見方とほぼ同様である。パパブッシュの見方も同じであろう。

「サダムを逮捕または殺害しようとイラクに侵攻しても、多分サダムは捕まらず、イラクを占領統治せざるを得なくなったわれわれは、出口の見えない泥沼にはまるだろう」(パパブッシュ元大統領の開戦前のコメント)

ではなぜアメリカは自ら罠にはまったのか?ベトナムのときと同様に、軍事産業からすると、そちらのほうが都合が良いからと考えるべきではないであろうか?そういえば、当時の副大統領ジョンソンも石油・軍事両産業と非常に近しかった。ベトナムから撤退しようと考えたケネディ大統領を暗殺した疑惑も持たれている。現在の政権の構造とダブって見えるのは私だけだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください