日本古謡・民謡の編作曲

以前、世界マリンバフェスティバルで、カノラ少年少女合唱団が歌っていた曲がどうも耳に残っている。たしかずいずいずっころばしだったと思って、池辺氏や間宮氏の楽譜・CDを買い求めたがどうも違う。

調べてゆくと、そのときのプログラムが分かった。

「ほたるこい」 小倉明作曲
「こんぴらふねふね」 山本直純編曲
「ずいずいずっころばし」

うーむ、編・作曲者がプログラムに書いてない…。

しかし、ここで、一番印象に残ったのは「ほたるこい」だったことを思い出した。それだけでもよしとするか。

ずいずいずっころばしは、今年の国立音楽祭でうたわれたのが耳に残っているのだが、誰のだったのだろう?

ほたるこい、は次のCDが出ているようだ。

41Ir664MrfL32CM-187 ヨーロッパの響きをたずねてII−東京少年少女合唱隊
2,920円 (P)1991

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください