拝啓 橋本総理大臣さま 財政改革をしながらデフレを解決するのは簡単です

拝啓 橋本総理大臣さま
デフレの折り、世間やマスコミの風当たりもますます強く、さぞかしご心労のこととご拝察申し上げます。

さて、現在日本の経済は破綻に瀕しているかのごとき雰囲気が世間に充満しております。マスコミなどでも、財政改革関連法案を一時棚上げに等と言う議論も出てきているようですが、実は、現在の状態を打破するのは、そんなに難しくはないと思っております。というのは、今の日本の状況は、ケインジアンもマネタリストも同じ政策を示すという、珍しく単純な状況にあるからです。

業務が多忙のため、裏付け調査を行うことができませんが、バブル以前の段階から、日本の潜在成長率で、フリードマンの x% ルールを適用すると、相当貨幣供給量が不足していると思われます。(これが、日銀の定例で触れられていた、「量的拡大」です。)この不足分の貨幣供給量を補充すべきです。

一方、ケインジアンからすれば、巨大なデフレギャップが生じているのだから、その分の貨幣供給を行え、ということになります。

つまり、マネタリストもケインジアンも、貨幣供給量を増加せよ、言葉を変えれば、お札を刷りなさい、と言っています。

これは、財源無しに実行可能な政策です。

赤字国債を利用して減税を行っても、将来的な増税を国民は見越してしまいますから、合理的期待形成の観点からは、あまり景気刺激効果は望めません。

それに対して、お札を刷って国民に渡すと言うことは、増税の恐れはありませんから支出に向けられますので、景気刺激効果はずっと期待できます。

忘れてはならないのは、この「お札を刷る」という政策オプションを持っている国は、非常に少ないと言うことです。その意味で、現在の日本は非常に幸運な状態にあります。

橋本首相におかれましては、日本の景気を良くして、なおかつ財政改革も同時実行できるこの政策を、一刻も早くご採用いただけることを切に希望しております。そうすれば、現在の怨嗟の声も一気に賞賛に変わると信じております。

ご多忙の中、どうぞご自愛を。        敬具

1998/4/21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください