AI動画アップコンバートが便利〜Topaz Video AI

以前録画していた番組、放送はHD画質だったのに保存はSD画質だったとかありませんか?わたしはあります。せっかくのハイビジョンが録画だと760×480になってしまっているなどです。

しかし、AIの登場で、その不都合が若干は改善されてきています。今回わたしも4Kにアップコンバートかけました。お手軽なのにかなりうまくいきました。使ったツールは Topaz Video AIです。MacBook Air M2 でやったらサーマルスロットリングがかかってしまうのでアイスノンで冷やしながらやりました。(外部ディスプレイの制限といい、ぼくの利用用途にはProの方があっているというのがよく分かる…)

写真だけでは伝える魅力に限界がありますが、それでもこんな感じではっきりでます。インターレースされていたのがされなく成るだけでも多くの違いですが、髪の毛や肌にも質感の違いがはっきりと見られます。楽器なども見るととてもきれいに仕上がります。

コンバート前の720×480の画像はボケボケです。

(出所)NHK 夢の音楽堂 小澤征爾スペシャル・第2部 「なき王女のためのバヴァーヌ」

一方、4Kコンバート後の小澤征爾さんの勇姿は髪の毛も、肌の質感も指の輪郭もすべてが改善しています。

(出所)NHK 夢の音楽堂 小澤征爾スペシャル・第2部 「なき王女のためのバヴァーヌ」

アンサンブルのシーンなどでも説得力が全く変わりました。

元の画像はかなりぼやけているのにこのアップコンバート後はかなりくっきり。
(出所)NHK 夢の音楽堂 小澤征爾スペシャル・第2部 「なき王女のためのバヴァーヌ」
珍しい楽器ツィンバロンも大活躍。元画像だとバチがギザギザになっていた。
(出所)NHK 夢の音楽堂 小澤征爾スペシャル・第2部 「なき王女のためのバヴァーヌ」

これがほぼワンクリックでできるとは、良い時代になったものです。1

脚注

  1. まだちょっとお高いですが、きっと早晩手の届きやすい価格のものも出てくるでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください