EeeBoxにLubuntu 14.10を入れてみた

eb1012-blackうちのサーバルーム(納戸ともいう)の片隅に、もう4年近く火を入れていないEeeBox[1]があった。リカバリーパーティションも潰して、Debian Lennyを入れて、しばらくサーバとして使っていたのだが、東日本大震災の影響で毎日のように停電していた頃に諦めてクラウド移行してからずっと放ってあったものだ。これを、娘が使えるように再生しようというわけだ。

最初はWindowsにリカバリーしようかとも思ったが、よく見ると添付されていたのはWindows XP。2009年1月に買ったマシンだからしかたがないが、これではダメだ。Lubuntu と Xubuntu とどちらにしようかと一瞬迷ったが、メモリーが少ないこのマシンにはLubuntu一択のようだったので、Lubuntu 14.10を入れることにした。

手順は以下のとおり。

インストール用SDディスクの用意

  1. Mac OS 10.10.1 のマシンを使って、Lubuntu 14.10 PC 32bit版をダウンロードページから取得。
  2. ターミナルで、ダウンロードしたフォルダにGO。(私の場合、$ cd Download)
  3. ダウンロードした.isoファイルを.imgファイルに次のようにして変換。
$ hdiutil convert -format UDRW -o ./lubuntu-14.10-desktop-i386.img ./lubuntu-14.10-desktop-i386.iso
  1. hdutil が勝手にファイル末尾に.dmgをつけているのでこれを削除
$ mv ./lubuntu-14.10-desktop-i386.img.dmg ./lubuntu-14.10-desktop-i386.img
  1. ブートドライブにするSDカードをスロットに挿入。
  2. ターミナルで diskutil list して、ディスクのパスを調査
$ diskutil list
/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *500.1 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            499.2 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     Apple_partition_scheme                        *2.0 TB     disk1
   1:        Apple_partition_map                         32.3 KB    disk1s1
   2:                  Apple_HFS MyBook2T                2.0 TB     disk1s3
/dev/disk2
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *3.0 TB     disk2
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk2s1
   2:                  Apple_HFS TimeMachine2            3.0 TB     disk2s2
/dev/disk3
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *7.7 GB     disk3
   1:                 DOS_FAT_32 NO NAME                 7.7 GB     disk3s1

  1. SDカード(NO NAMEという名前だった)が、/dev/disk3だということがわかったので、これを一旦アンマウント。アンマウントにあたっては、ボリューム名を使用するので、df コマンドでボリューム名を調査
$ df -g
Filesystem    1G-blocks Used Available Capacity   iused     ifree %iused  Mounted on
/dev/disk0s2        464  425        38    92% 111670483  10216259   92%   /
devfs                 0    0         0   100%       670         0  100%   /dev
map -hosts            0    0         0   100%         0         0  100%   /net
map auto_home         0    0         0   100%         0         0  100%   /home
/dev/disk1s3       1862 1326       536    72% 347818226 140519426   71%   /Volumes/MyBook2T
/dev/disk2s2       2794 2003       790    72% 262631430 103609902   72%   /Volumes/TimeMachine2
/dev/disk3s1         15    0        15     0%         0         0  100%   /Volumes/NO NAME
  1. アンマウント(これをしないと、Resource busyになって、次のステップで書き込みできない。)
$ diskutil umount /Volumes/NO\ NAME/
Volume NO NAME on disk3s1 unmounted
  1. ddコマンドでディスクイメージをSDカードに書き込み:
$ sudo dd if=lubuntu-14.10-desktop-i386.img of=/dev/rdisk3 bs=256m
2+1 records in
2+1 records out
739246080 bytes transferred in 148.771499 secs (4969003 bytes/sec)
  1. 書き込み終わると、MacOSがマウントしようとして読み込めないと言ってくるので「取り出す」を選ぶ。

EeePCへのインストール

  1. 作成したSDカードを取り出して、EeePCに挿入
  2. 電源ONして、DELキーでセットアップ画面に入る。ここで、ブートデバイスの設定をする。SDカードはハードディスクとして認識されるので、HDDのブート順序を、変更。F10で保存、再起動。
  3. あとはウィザードにしたがって進めばOK。インストールが終わったら、再起動を即されるので再起動。この際、SDカードは抜くこと。

日本語入力設定

  1. デフォルトだと、日本語入力の切り替えが<super>+<space>に割り当てられている。慣れの問題かもしれないが、これを<control>+<space>に変更したいので、Lubuntuメニューから「設定>キーボード・インプットメソッド」 とたどり、設定。

FirefoxからGoogle Documentを使う分にはなんとかこれで行ける。(変換中の文字列が、入力行より微妙に下にでるのはちょっとあれだが。)AbiWordだと、インラインに入力文字列が出ないので、ちょっと使えないかな。

[1] ASUS EeeBox MODEL:EBXB202 BLK/VK191T。CPU: Atom N270,Memory:1GB, HDD: 80GB, Wireless: 802.11n。Windows XP home (JPN)添付。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください