Youtubeの「埋め込みコード」の時の、動画の途中へのリンクの仕方

Youtubeへのリンクの時に、ある時間の部分へのリンクのさせ方はよく知られています。

こんな風にすればOKですね: http://youtu.be/zSv5CvhOEsA?t=3m46s

実際、Youtube の画面でもこんな感じのユーザーインターフェイスがあって、簡単にリンクを作ることができます。

ところが、これを「埋め込みコード」でやろうとすると、このようなユーザーインターフェイスが出てきません。結果、動画の先頭にしかリンクできないような印象を与えています。

youtube-embed-starttime

実際、「?t=5m8s」のようなストリングを 「src=」のリンクにつけてもうまくいきません。

しかし、実際には他の文法を用いることによって、動画の途中へのリンクをすることができます。

上記の例で言うと、

<iframe width=”420″ height=”315″
src=”//www.youtube.com/embed/zSv5CvhOEsA?start=77
frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

のように、「?start=」に続けて開始したい場所の秒数を整数で記述するという文法で付け加えることによって開始ポイントを追加することができます。

同様に、終わりの場所を指定することもできます。これは、「end=108」のようなパラメータを追加して使います。こんな感じですね。

 

<iframe width=”420″ height=”315″
src=”//www.youtube.com/embed/zSv5CvhOEsA?start=77&end=108
frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

実際にやってみるとこうなります。

うまく行きましたね!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください