笙でスーパーマリオを演奏すると…こ、これは!!

という楽器、みなさんご存知でしょうか?そう、雅楽でつかう、あの「ぷわェェェ」という音が出る楽器ですね。越天楽でおなじみですね。その笙で、スーパーマリオを演奏すると…なんじゃこりゃぁ。スーパーマリオがコインやきのこをゲットするところの音までそのまま…。いやいや、スーパーマリオのテーマって、伝統音楽だったんですねぇ(違。

笙は金属製のリードを竹の管で共鳴させる楽器なので金属的な音がするのは確かにそうなんですが、ここまでピッタリ来るとは。実際にはこの笙は伝統的な楽器ではなく、音域も広げ、指で穴を押さえるのは機動的にするためのキーもつけてあるもののように見えますフルートで言えば、フルート・トラヴェルソが伝統的な笙であるのに対して、ベーム式キーを備えた現代フルートにあたるものでしょうか。日本でもお箏の世界では十七弦とか三十絃とか、楽器の拡張がなされていますが、中国もその辺り熱心で、たとえば楊琴などでは、ハンガリーのツィンバロムにインスピレーションを得て、ダンパーペダル付きの大型楊琴が作られたりしています。この笙も、そういう系統のものと言えるかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください