六本木・桜ヶ丘

豆腐とじゅんさいの前菜前菜5点盛り

六本木駅から芋洗い坂をしばらく下っていった右手に「六本木・桜ヶ丘」はある。外見は昭和40年代風だが、中は最近の和風に改装してある。オープン1年になる。

この日のメニューは10000円のコース。目に涼しい豆腐とジュンサイの前菜から始まり、様々な料理が目を楽しませてくれる。

大間のマグロ
フォアグラ、キャビア、フカひれ茶碗蒸しなど高級食材が嫌味なく出てくる中、真打は大間のマグロの寿司(写真)か。新鮮なそれは、ふってある塩だけでいただく。

鰻茶漬け
そのほか印象に残ったのは、鰻の茶づけのご飯部分を細かく切った稲庭うどんに変えたもの。かつおの出汁も程よく、ご飯よりも柔らかくつるりとした食感が味わえる。

お酒は黒龍。やや甘め。料理がおいしいのだから、もっとあっさりした酒があっても良いと思うが、酒自体としてはうまい。

良い店だ。また来るだろう。

六本木
桜ヶ丘

東京都港区六本木6-8-21 SKビル 1F
〒106-0032
TEL. 03-5770-5250

E-MAIL:roppongi@sakuraoka.com
※ご予約はお電話でお願い致します。

【営業時間】

月〜土 17:00〜22:30
L.O 21:30

定休日 日・祝日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください