葉桜

雨の後の街を歩くと、すでに葉桜だ。

この年になると、あと何回さくらを見ることができるのだろうと考えてしまう。
そのせいか、葉桜の良さも以前よりも分かってきたような気がする。

もっとも、葉桜の俳句で歳時記をめくると、

葉桜に全くひまな茶店かな 近藤いぬゐ
 
葉桜やいつか川辺に人憩ふ 稲畑汀子
 
葉ざくらや南良に二日の泊り客 与謝蕪村
 
葉ざくらや人に知られぬ昼あそび 永井荷風
 

といった風に、のどかなものが多く、わびしさを感じさせるものはあまりない。
私の感じ方が特異なのだろうか…。

 
葉桜やあと何度かと数えをり
 

「葉桜」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください