邦楽のCD

今日買ったもの:

宮下秀冽作品集
三十弦の創始者で、鬼才といわれた初世宮下秀冽の作品を、二世宮下秀冽が演奏。

三十弦
父、宮下秀洌が考案した巨大筝、三十弦の演奏家である宮下伸が超絶のテクニックで弾く。



筝-koto- – 森川浩恵

東京芸代付属高校に通う若干16歳の奏でる現代的な箏。たけしの誰でもピカソにも出たらしい。故沢井忠夫の妻、沢井一恵の弟子。「甦る五つの歌」は、箏にブルーノートの音列を持ち込んだ
意欲作。

邦楽ニューウェーブ
 吉田兄弟やヒダノ修一といった若手邦楽演奏家の演奏を集めた一枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください