見送りし君の背中は

見送りし君の背中は雑踏の中に溶け行く春の夕べや
グエランの時を纏いし君はもう春の夕べの風の悲しき
三十年(みそとせ)の時を刻みし葡萄酒のラベルを胸に立ちつくし居り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください