血液型の神秘

子供の血液型がどのように決まってくるのかということに、ちょっと前から興味があった。というのは、私も家内もA型なのだが、子供の血液型がO型なのだ。子供のころ習った話だと、

A+A=A
A+O=A
A+B=AB
B+O=B
O+O=O

みたいな単純な話だったのだが、もちろんそれだと、うちみたいなことはありえない。勢い、「誰の子じゃぁ!」ということになるのだが、

「いやいや、お父さんもお母さんもAO型だから、子供がO型ということはありますよ。」といわれてしまった。

そういわれたって、納得行かない。で、ちょっとググって見ましたところ、こんなページが出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください