英国デジタル市場・競争・消費者法(DMCC)成立

デジタル市場・競争・消費者法(Digital Markets, Competition and Consumers Act)が勅許を受け、法律となりました。

この法律のもとでは、

* 戦略的な力を持つテクノロジー企業がその立場を悪用して競争相手や消費者に不利益を与えることを阻止するための手段を英国の競争規制当局に付与、

* 消費者保護法に違反した業者に対する罰則を設け、競争市場庁(CMA)が消費者法を直接執行可能に、

* 明確な価格設定の提供、偽のレビューの禁止、消費者がオンラインで購入する商品の管理を強化することにより、消費者の購読管理が容易に

なります。

同法は、英国全土の消費者に権利を与え、オンライン購入の管理と明瞭性を高める道を開くものです。

この法律は、企業が消費者に対して、定期購入契約を結ぶ前に、より明確な情報を提供すること、無料トライアルや低価格トライアルが終了することを消費者に知らせること、消費者が簡単に契約を終了できるようにすることを義務付けるものです。

また、避けられない隠れた料金については、初期費用に含めるか、購入手続きの最初に明示する必要があります。そうすることで、消費者は契約当初から、何にいくら支払うのかを明確に知ることができます。

デジタル市場・競争・消費者法では、競争市場庁(CMA)にも、デジタル市場における競争の課題に対処するための新たな手段が与えられます。

これらのツールにより、競争規制当局は、強力なハイテク企業がユーザーを公平に扱っていない場合、その運営方法を変更するよう求める「行為要件」を個別に設定できるようになります。これらの規則により、消費者は利用するサービスを自由に選択できるようになったり、消費者が適切な判断を下すために必要な情報を企業が隠したりすることを阻止できるようになります。 

同法はまた、規制当局に対し、競争を促進するために企業に介入し、その行動を変えるよう指示する権限も与えています。  これによってスマートフォンを利用する人々やクラウドサービスに依存する企業などの利益になると目されています。

同法はまた、道路燃料価格を綿密に監視し、不正の兆候があれば政府に報告する新たな権限をCMAに与えることになっています。

この新規則の対象となるのは、調査の結果「戦略的市場地位」を保持していると見なされた企業のみです。世界的に最も強力な一握りのテクノロジー企業のみとなると思われます。

企業がCMAの決定に従わない場合、数百億ポンドに達する罰金が課される可能性があります。これらの罰金やその他の措置は、厳格なチェック・アンド・バランスによって均衡が保たれます。

詳細は» Digital Markets, Competition and Consumers Act receives Royal Assent

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください