OpenWallet+Linux

OpenWallet Foundation の組成が発表されました

14日夕方、ダブリンで行われたOpen Source Summit にて、OpenWallet Foundation (オープンウォレット・ファウンデーション)の組成が発表されました。OpenWallet Foundation は、標準プロトコルに則ったオープンソースのウォレット1エンジンを作るためのプロジェクトです。オープンソースプロジェクトで、標準の開発は行いません。あらたな標準が必要な場合には、他の標準化団体に行って標準化を行います。

わたしもここ数ヶ月、多くの仲間と一緒に推進してきたものです。「仲間」には、クレジットカードスキーム、自動車メーカー、IT系企業、IndiaStack、MOSIPなどの政府系オープンソース、標準化団体などがいます。

Linux Foundation からのプレスリリースはこちら 2ですが、ここに登場3して「サポートの言葉」を載せているのはそのなかのほんの一部です。これから徐々に明らかになっていくことでしょう。パネルディスカッションには、ここに乗っていないところでは、マスターカードやマイクロソフトも参加していたことをお伝えします。展開から目が離せませんね。

最新の展開においつくには、OpenWallet Foundation のWebサイト https://openwallet.foundation/ に登録してください。

脚注

  1. スマホなどに入る、トークン化されたクレジットカードや、アイデンティティカードなどを収めるもの。Apple Wallet などがその代表例。
  2. プレスリリース自体は13日に出され、今日のキーノートとパネルが発表されました。
  3. わたしも僭越ながらこの中に入っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください