「グランフィール」〜アップライトピアノでグランドみたいな音を出すためのメカニズム

これはちょっとすごいかもしれませんね。鹿児島の藤井ピアノサービスが開発した「グランフィール」。

グランド・ピアノはレピティションメカニズム1を持っているので1秒間に13〜14回同一音を鳴らすことが出来ますが、アップライトはできません。

また、グランド・ピアノは重力でハンマーが下がるため、弦を叩いてからハンマーが離れるまでの時間が短く、弦を抑えないため、豊かな倍音が出ます。これに対して、アップライト・ピアノはハンマーが横方向に動くため重力を上手く利用できず、弦をハンマーが抑えてしまい、倍音が少なくなります。その為、音に華やかさがなくなります。

これらの問題を解決したのが、藤井ピアノサービスの「グランフィール」です。これは、各ハンマーに2つのバネを装着することによって、ハンマーの動きを改善しているもので、1秒間14回の連打と、豊かな倍音を実現しています。

通常のアップライトは第5倍音までしか出ていないのに、グランフィールをつけることで第8倍音まで出ている。(出所)藤井ピアノサービス

どのようになっているのか、NHKのこのビデオでよく分かるようになっています。

このようなアップライト機構が早く広まると良いですね。

脚注

  1. フランスのエラールが1821年に開発したメカニズム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください