ショパン風ハッピーバースデー

音楽における旋律の比重の低さというのは、以前から何度も取り上げていますが、これを聞いてもそうですよねぇ。ハッピーバースデーをショパン風に。

どうぞ。

因みに、ピアノを弾いているEdoardo Brotto さんは、1990年生まれの写真家さんです。ピアニストとしての勉強も修士を終えられて、ポスト・マスターの勉強をされておられるようです。この録音は2014年なのですが、毎年彼女ですかね?に誕生日の即興を送っているようです。素敵ですね。

自然写真家としては、デイリー・テレグラフやナショナル・ジオグラフィックに登場している、「弧を描く天の川」を写した最初の写真家の一人とのことです。

(source) Eduardo Brotto: Arched Milkyway

彼のサイトはこちらです。 http://www.edoardobrotto.com

素敵な写真がいっぱいです。ぜひ御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください