Googleの第一回「忘れられる権利」の公開討論会終了

全7回行われる予定のGoogleのAdvisory Council主催の「忘れられる権利」公開討論会の第一回が、去る9日、マドリッドで行われた。ロイターによると[1]、スペインから8人の専門家が出席して討論会が行われ、同国のプライバシー専門家協会のトップなど数人は、大衆の情報アクセスに影響を及ぼす判断をグーグルのような民間企業に委ねることの是非を質問したとのこと。

GoogleのAdvisory Councilは、シュミット会長とドラモンド最高法務責任者に、

  1. Luciano Floridi オックスフォード大学教授(情報哲学で有名)
  2. Silvie Kaufmann 仏ル・モンド紙 編集主幹
  3. Lidia Kolucka-Zuk 元ポーランド大統領補佐官
  4. Frank La Rue 国連高等弁務官事務所・言論の自由の推進に関する特別ラポータ
  5. José-Luis Piñar 元29条委員会副委員長
  6. Sabine Leutheusser-Schnarrenberger 元ドイツ法務大臣
  7. Peggy Valcke KUルーベン大学教授
  8. Jimmy Wales Wikimedia財団創始者

の8名を加えた10名で構成される。

今回の一連の討論会に関しては、EU当局は歓迎しているものの、フランスの当局であるCNILの長官であるIsabelle Falque-Pierrotin氏などは、参加者がオープンでなく、Googleが決めるために、それを通じて議論を誘導しうるとして批判的だ。

一連の討論会の内容は報告書にまとめられ、来年グーグルに提出される。

次回会合は10日にローマで開かれる。

 

[1] http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0RB12P20140910

Advisory Council – Google Advisory Council

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください