意味ある同意と情報共有標準ラベル

みなさん、フェースブックやらグーグルやらのサービスを使ったりするときに、サービスの利用規約やプライバシーポリシーをちゃんと読んでますか?

私は読んでません。いや、フェースブックとグーグルは読みました。が、他の殆どは読んでいません。だいたい、そのサービスが使いたくてそこに行ったのに、何十ページもある規約なんか、読めるわけ無いですよね。

顧客がそれらを読まないことは、サービス提供者側も十分承知なはずで、この場合の同意に意味があるかどうかは大いに疑問なのであります。

こうした状況は、サービス提供者にとってもユーザにとっても不幸なことです。

この課題に対する一つの回答として Kantara InitiativeInformation Sharing Work Group で検討されている仕様に、Standard Information Sharing Label (情報共有標準ラベル)というものがあります。これは、食品の成分表示のように「標準化」された形で、何がどのように、難のために共有されるのかを表そうという試みです。

アメリカの食品の成分表示(Nutrition Facts Label) はこんな感じになっています。

(出所) http://en.wikipedia.org/wiki/Nutrition_facts_label

これなら、「あー、脂肪分が12gもあるわ」とか、ひと目で分かるわけです。

情報共有標準ラベルも同じ感じで表示します。

情報共有標準ラベル

情報取得者は、以下の目的のためにあなたの情報を取得しようとしています。
取得者 Facebook  (http://www.facebook.com/)
取得情報 ステータス更新 [実際に見てみる]
取得元 このWebページからのステータス更新
取得時 「投稿」ボタンを押した時
利用目的 1. 友人と状況を共有するため。
2. あなた向けにカスタマイズされた広告を表示するため。
利用期限 元データおよび共有がすべて削除されるまで
開示先 自分と友達のタイムライン及び、Facebook の OpenGraph API を利用する、read_stream の許可をうけたアプリケーション。
追加条件
基本契約 2011年4月26日付 https://www.facebook.com/legal/terms
第三者評価点 Exampleレーティング社 4.3/5 (2011/11/4)
規約の変更 一部例外を除き、7日間の掲示をもって変更

(出所)Joe Andrew “Standard Information Sharing Label” をもとに本サイトで翻訳・翻案

これでもまだ難しいと思いますが、少なくとも長ったらしい契約書を読むよりははるかにマシです。

デザインはもっとクールなものにしたいそうです。(この間、デザイナーに委嘱するための募金をKickstarter でやってましたが、50万円位しか集まらなくって中止になってた…。日本語版をロハでやるっていうデザイナーさん、いらっしゃいますか?)

なお、実際の作業を行なっている Kantara Initiative Information Sharing WG は誰でも参加可能です。興味がおありの方は、参加されてみてはいかがでしょうか?

 実際に適用してみる

では、某社の例をとって実際に適用してみましょう。

情報共有標準ラベル

情報取得者は、以下の目的のためにあなたの情報を取得しようとしています。
取得者 ◯◯◯株式会社
取得情報
  1. 「お客様登録申込書」の記載事項及び▽ログインIDお申し込み時の登録事項(変更のお申し出の内容を含みます)氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、電子メールアドレス等
  2. ポイントプログラム参加企業における利用の履歴
  3. ▽ログインID及び▽カードの停止・退会状況その他当社が一時停止・除名措置をとらせていただく場合に関する事項
  4. ポイントの付与又は使用等に関する情報
  5. クレジットカード番号
  6. その他の記述または個人別に付与された番号・記号その他の符号
  7. 画像もしくは音声によりその個人を識別できるもの
  8. サービスご利用内容
  9. サイトへアクセスしたことを契機に機械的に取得された、お使いのブラウザの種類・バージョン、オペレーションシステム、プラットフォーム等のほか、閲覧履歴、購入の履歴を含むサービスご利用履歴
  10. お問い合わせなどの情報
  11. 会員のコンピュータがインターネットに接続するときに使用されるIPアドレス、モバイル端末でのアクセスによる契約端末情報
  12. モバイル端末による位置情報
  13. 新たなサービスご利用の際にご提供いただく一切の事項

[実際に見てみる]

取得元
  1. 入会申込書
  2. ▽ポイント提示端末および▽ログインID入力先
  3. ▽ポイントサービスに関わる会員情報分析データベース
取得時
  1. 入会申込時
  2. 会員がポイントサービスの利用のためにポイントプログラム参加企業において▽ログインIDを入力又は▽カードを提示した時
  3. 会員ライフスタイル分析時
利用目的
  1. ▽ログインIDの入力または▽カードの提示により提供する、第1条第2項記載事項に代表される会員サービス(ポイントプログラムを含みます)の円滑な運営のため
  2. ポイントプログラムの変更等の場合に、後継プログラムへの引継やそれらに関連する業務を行うため
  3. 会員のライフスタイル分析のため
  4. 会員に対して、電子メールを含む各種通知手段によって、会員のライフスタイル分析をもとに、または当社が適切と判断した企業のさまざまな商品情報やサービス情報その他の営業案内または情報提供のため
  5. 会員の皆様からのお問い合わせ、苦情等に対し適切に対応するため
  6. その他上記各利用目的に準ずるか、これらに密接に関連する目的のため
利用期限 退会時まで。ただし、個人情報の利用にあたっては会員が退会後も上記利用目的5記載の目的のためには利用できるものとします。
開示先
  • 当社の連結対象会社及び持分法適用会社
  • ポイントプログラム参加企業(一覧

上記の利用目的のための共同利用に関し、個人データの管理について責任を有する事業者は当社とします。

追加条件
基本契約 2011年10月1日付 http://www.example.com/member/agreement/
第三者評価点 Exampleレーティング社 4.3/5 (2011/11/4)
規約の変更 1日以上の予告期間をおいて当社ホームページにおいて変更後の本規約の内容を周知。予告期間経過後は、変更後の本規約の内容が適用。

まぁ、契約書を読むよりはわかりやすいですね。また、こうして見ると、問題点も見えやすくなるかと思います。人によって違うと思いますが、私は概ね以下のような点から、上記には同意をためらうでしょう。

  1. 開示先が多すぎる:共同利用者が「ポイントプログラム参加企業」となっています。この会社は、実際には k-匿名化を行う前の情報は共有していないと聞いてはいますが、規約的には生データでも共有できます。だとすると、この開示先は多すぎます。また、標準ラベルとして考えた場合には、実際に主だった企業名と、総計社数を記載すべきと思います。なお、2012/6/20 現在、134ブランド、46,548店舗で利用可能なようです。
  2. 開示先がどんどん増えてゆく:共同利用者が「ポイントプログラム参加企業」となっています。これは将来的に増えて行くことが予想されます。その中に、私が開示されたくない企業が入っていても、いつの間にか開示されてしまう可能性があります。
  3. 開示される情報が多すぎる:共同利用者になっていますから、すべての情報が開示される可能性があります。また、複数の企業に於ける私の行動がトラッキングされ、ライフスタイル分析によって私の望まないかもしれない人物像が形成され、これが共同利用者の間で共有される可能性があります。複数の▽カードを作ることで制御できるのかもしれませんが、よくわかりません。何が提供されるのか、明示的に書くとちょっとは安心できるのでしょうが…。
  4. 規約の変更:規約の変更の予告期間が1日で、しかも同社ホームページでの掲示(←多分行かないので知ることは無い)、かつ、変更後の規約の内容が適用されてしまう。後述のGoogleだと、変更は随時ですが、不利益変更は明示的同意が必要になっています。
  5. 利用期限が無い:問合せ対応に限っていますが、永遠に情報は削除されないように見えます。これは期限を切って削除すべきではないかと思います。例えば、クレジットカードの信用情報機関などでは、18ヶ月などと切っています。

Googleの例

次にわかりやすいことで有名なGoogleの例も見てみましょうか。Googleのプライバシーポリシーをもとに、私の理解する内容にしたがってパラフレーズしています。さらにわかりやすくなるでしょうか?

情報共有標準ラベル

情報取得者は、以下の目的のためにあなたの情報を取得しようとしています。
取得者 Google Inc.
取得情報
  • Googleアカウント登録時 氏名、メール アドレス、電話番号、クレジットカード、写真 [実際に見てみる]
  • サービスのご利用時に収集する情報
    • 端末情報
    • サーバーログ情報
      • お客様による Google サービスの使用状況の詳細(検索キーワードなど)
      • 電話のログ情報(お客様の電話番号、通話の相手方の電話番号、転送先の電話番号、通話の日時、通話時間、SMS ルーティング情報、通話の種類など)
      • インターネット プロトコル アドレス
      • 端末のイベント情報(クラッシュ、システム アクティビティ、ハードウェアの設定、ブラウザの種類、ブラウザの言語、お客様によるリクエストの日時、参照 URL など)
      • お客様のブラウザまたはお客様の Google アカウントを特定できる Cookie
    • 現在地情報
    • 固有のアプリケーション番号
    • Cookie と匿名 ID
取得元
  1. Googleアカウント登録フォーム
  2. サービス利用時
  3. GoogleアカウントおよびGoogle+登録情報
  4. Google Analytics を利用しているサイト
取得時
  1. Googleアカウント登録時
  2. Googleの各種サービス利用時
  3. Google Analytics を利用しているサイト訪問時
  4. Google広告を掲載しているサイト訪問時
利用目的
  1. そのサービスの提供、維持、保護および改善、新しいサービスの開発、ならびに、Google とユーザーの保護のため
  2. お客様に合わせてカスタマイズしたコンテンツを提供するため(関連性がより高い検索結果や広告を提供するなど)
  3. Google アカウントを必要とする Google のすべてのサービスでお客様の名前をはじめとするプロフィール情報を表示するため
  4. お客様がかかえているであろう問題の解決などに役立てるため
  5. お客様のユーザー エクスペリエンスや Google のサービス全体の品質の向上に利用するため
利用期限 お客様により削除されるまで。削除は無料で行います。過度な技術的作業を要する場合(新しいシステムの開発や、既存の方法の基本的な変更が必要になる場合など)、他人のプライバシーが脅かされる場合、あるいは、きわめて非現実的な場合(バックアップ テープ上の情報に関するリクエストなど)はその限りではありません。
開示先
  • お客様によって情報が共有された先
追加条件
  • Google では、広告をお客様のためにカスタマイズして表示する際、Cookie や匿名 ID を機密性の高いカテゴリ(人種、宗教、性的嗜好、健康など)と関連付けることはありません。
  • プライバシーに対する懸念は、人によって異なります。Google は、収集する情報を明らかにして、その使用方法についてお客様が適切に選択できるようにすることを目指しています。たとえば、お客様は以下を行うことができます:
    • Google ダッシュボードを使用して、お客様の Google アカウントに結び付けられた特定の情報を確認および管理することができます。
    • Ads Preferences Manager を使用して、関心のあるカテゴリなどの広告表示設定を表示および編集することができます。また、お客様は、Google の広告サービスの一部を使用しないように選択することもできます。
    • Google のエディタを使用して、特定の相手に表示されるお客様の Google プロフィールを確認および変更することができます。
    • お客様が情報を共有する相手を管理できます。
    • 多くの Google サービスから情報を取り出すことができます。

    お客様は、Google サービスに関連付けられた Cookie も含めて、すべての Cookie をブロックするか、または Google が Cookie を設定したことを通知するように、お客様のブラウザを設定することもできます。ただし、お客様の Cookie を無効にすると、Google の多くのサービスが正常に機能しなくなることがあるのでご注意ください。たとえば、言語設定を維持することができなくなります。

基本契約 2011年10月1日付 http://www.example.com/member/agreement/
第三者評価点 Exampleレーティング社 4.3/5 (2011/11/4)
規約の変更 随時。ただし、お客様の権利を縮小する変更は、お客様の同意を得ない限り行ないません。

どうでしょうか?元が非常にわかりやすいので微妙なところではありますが、横比較がしやすくなるのはありがたいところだと思います。

今後の課題

こうやって実例に当てはめてみると色々課題も見えてきます。たとえば、Google の場合、プライバシーポリシーではなく利用規約の方に入っている、いわゆる「As if owner規定」の問題がこれではわかりません。As if owner 規定というのは、ユーザがアップロードしたコンテンツに関しては、Google があたかも所有者のごとく振る舞うことができるというものです。引用します。

本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。本サービスの一部では、ユーザーがそのサービスに提供したコンテンツにアクセスし、それを削除する方法が提供されることがあります。さらに本サービスの一部には、そのサービスに提供されたコンテンツの Google による利用範囲を狭める規定または設定があります。本サービスに提供するコンテンツについて、このライセンスを Google に付与するのに必要な権利を保有していることを必ずご確認ください。

 Google のプライバシー ポリシーまたは特定の本サービスについての追加規定において、どのように Google がコンテンツを利用および保存するかに関し、さらに情報を入手できます。本サービスに関するフィードバックまたは提案をユーザーが送信した場合、Google は、ユーザーに対する義務を負うことなく、そのフィードバックまたは提案を利用することができます。 (出所:http://www.google.com/intl/ja/policies/terms/)
 第1段落は、「ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します」となっていますが、第2段落でGoogleに対して与えている恒久的ライセンスは、著作権のほとんどです。つまり、第1段落と第2段落を合わせると、ユーザはそれを自由に使い続けることができるが、Googleも同様に使うことができる、ということになるかとおもいます。ただし、Googleの場合は、利用目的が当該サービスの提供に限られています[1]。更に、プライバシー関連の情報に関してはプライバシーポリシーで上書きされます。上記の標準ラベルでは、まだこのあたりが表現できていません。今後の課題と言えるでしょう。

 


[1] Facebook の場合は、この制限が無いように思えます。「For content that is covered by intellectual property rights, like photos and videos (IP content), you specifically give us the following permission, subject to your privacy and application settings: you grant us a non-exclusive, transferable, sub-licensable, royalty-free, worldwide license to use any IP content that you post on or in connection with Facebook (IP License). This IP License ends when you delete your IP content or your account unless your content has been shared with others, and they have not deleted it.」だけなので。Privacy と application settings でコントロールできることになっていますが、「unless your content has been shared with others, and they have not deleted it.」が結構効いてくるのと、設定を Public で出してしまったものには制御が効かない感じがします。このあたり、ちゃんと突っ込んで調べる人いませんかね?

「意味ある同意と情報共有標準ラベル」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください