JanRain PHP OpenID Library バージョンアップ

JanRain のOpenID Liberary を 1.2.3 から、2007-11-16に出たVersion 2.0.0-rc5にアップグレードした。

いろいろ変わっているが、だいたい直した。

残課題として、

$openid = $response->identity_url; で、以前は、入力した xri が帰ってきていた(例:=nat)が、canonical id が返ってくるように変わったというのがある。まぁ、OpenIDの仕様通りになった訳ですが…。結果的に新しいユーザとして認識されてしまうので、入力されたIDをRP側で取っておくとかしないといけないのかな…。まぁこのあたり、=masaki あたりに聞いてみよう…。

逆に、良かった点:Sxipper とようやくコンパチブルになった。

ちょっと、Xoops用のモジュールの仕様を変えないといけないな…。この辺を整理してちゃんと書き直して、なおかつ、多少コードをきれいにしたら公開するかな…。現状のは、読みやすいとは思うけど、汚らしい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください