修道女アンジェリカ

プッチーニの歌劇、修道女アンジェリカを見てきた。

知り合いの指揮者、吉田裕史さん(イタリアのルッカ・ジーリオ歌劇場首席常任指揮者)がイタリアから帰ってきて指揮をした。

前半は、この会の主催者の歯医者さんと爆笑トーク。

今日は時間がなかったので、ちょっと「お久しぶりっ!」とトイレですれ違いに握手しただけでしたが。

去年結婚した友人で、欝になって休職の後、春に退職した人がいた。彼女の自殺の報に接したばかりとあって、このオペラはタイムリー過ぎて、帰り道吐き気がしてきた。

まいった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください