bsfilterを入れてみた

最近あまりにもスパムが酷いので、bsfilter を入れてみた。

これまでは、spamassasin を使っていたのだが、日本語の取り扱いがイマイチな気がしたので、取り替えてみたのだ。とりあえず今は tokenizer に kakasi を指定してやってみている。不思議と今日はあまりスパムが来ない(まぁ、SPFでフィルターしてるからな)ので、まだ4件しかスパムがきていない。今のところ100%正確に振り分けているが、もちろん統計的には有意ではない:-(

インストールは、dselect でやって、Maildrop の .mailfilter に、

xfilter “/usr/bin/bsfilter –pipe –insert-flag –insert-probability”

if (/^X-Spam-Probability: *1..*/:h || /^X-Spam-Probability: *0.[89].*/)
{
to “./Maildir/.Archive.spam09/”
}

としてみている。

こちらを参考にして、~/.bsfilter/bsfilter.conf に

jtokenizer kakasi
spam-cutoff 0.6

としているから、本当は、

xfilter "/usr/bin/bsfilter --pipe --insert-flag --insert-probability"

if (/^X-Spam-Flag: Yes/:h)
{
        to Maildir/.Archive.spam09
}

見たいなほうが良いのかな?

まぁいいや。これからが楽しみだ。

「bsfilterを入れてみた」への1件の返信

  1. 11/04 12:00 現在、昨晩22時からで:
    受信メール数:73
    Spam数:54
    Spamとして検知:51 = False Negative : 3
    Flase Positive : 0

    False Negative はいずれも英文Spamで、
    昨日学習させたデータの中には英文Spamが
    入っていなかったためにおきていると思われる。
    kakasi で tokenize しているので、英文で
    どこまで有効になるかわからないが、順次
    学習させてゆく。その後、tokenizer を変えてみる
    運用もしても良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください