がんキラーウィルス発見

誰でも感染経験をもつ平凡で無害なウイルス-アデノ随伴ウイルス2型(AAV2)- が、実は、がん細胞だけを狙って殺せる「すぐれもの」だと分かった。米ペンシルベニア州立大のチームが発表した。新たな治療法への発展も期待できるという。(Asahi.com)

AAV2に感染している女性が、子宮頸ガンにかかりにくいことから発見したらしい。実際にガン細胞と一緒に培養すると、一週間後にはすべて死滅し、一方では通常の細胞には影響がなかったと言うから、これをうまく使えると、夢のガン治療薬になりそうだ。

あとは、患部までどのようにしてAAV2を届けるかですね。

かつて、2010年ガン撲滅と言われてきたが、現実味を帯びてきたか。

一方、HIVの方は進展が無いですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください