Ping Identity、SAML 2.0サーバのベータ版を公開

Ping Identityは、3月に標準として策定されたSAML 2.0に対応した初めての製品をリリースした。(IDG)

ID管理ソフトウェアベンダーのPing Identityは7月6日、SAML 2.0に対応した初めての製品をリリースした。初のSAML 2.0スタンドアロンサーバとなる製品で、既存ユーザーと第2四半期に契約したユーザーがSAML 2.0 Early Adopter Programのβテスターとなることができる。
(ITMedia)

ようやく出始めたSAML2.0インプリメンテーション。まずはめでたい。

Xoopsとかも、SAML2.0をサポートするようになればよいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください