「もう将棋は詰んでいる」(ホリエモン)

テレビでこうのたまわったようですが、ほんと、ホリエモン、笑わせてくれる。詰んでいるのは、そう言うお前だ、てな感じだが。

マスコミに露出したいというのはプロ野球騒動のときもそうだったが、あの時は彼は何もベットしていない。今回は、MSCB発行して、自分の株はリーマンに貸して…。さっそくリーマンは売り浴びせている。これライブドア株はでがっつんがっつん希薄化する。ターゲット価格の157円での転換だと、リーマンが40%を握ることになり、ホリエモンは筆頭株主の座を降りることになる。

一方、フジテレビの買収のほうはというと、すでにフジテレビはニッポン放送株の25%超を抑えたらしいから、TOB成立はほぼ間違いない。すると、ニッポン放送を抑えることによってフジを牛耳ろうというホリエモンのもくろみは水泡に帰す訳だ。

また、金融庁も動き始めているようだ。形式的には「違法」ではなくても、実体としては限りなく違法。少なくとも、法の精神は踏みにじっている。いわゆる、コンプライアンス的にはアウトなわけだ。こういう場合、じっくり調査すれば証拠が出てくることが多いし、目をつけられて得することは無い。また、MSCBのせいでリーマンが間接的に放送局を保有してしまう件で、放送法も改正する動きがでていて、こちらの方でもピンチ。

フジテレビは買収できないは、ライブドアは人手に渡るは、金融庁には目をつけられるは、国会からも目をつけられるは。

確かに、「将棋は詰んで」いる。

リーマンに騙されちゃったんですね、きっと。

もっとも、こんなものでへこたれるホリエモンではないか。次の一手が楽しみ!当面は、ニッポン放送株を買い続けるそうですから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください