生きるということ

とまりゆく時間のなかでわれの息死に絶えるまで今を重ねる (しらいしまさこ)

「われの息死に絶えるまで今を重ねる」。厳然たる事実。その事実の観察をぽんと言葉に写生している。読んだ瞬間に、あ、やられた、と思った。今まで、考えもしなかった。生きるということは、そういうことなんだなと再確認した。すごい。同じモチーフで何か書きたいが、今は眠すぎる…。

木蓮の花弁は白く散りたりけり
 わが息の今を重ねたりけり
わが息は時を数えたりけり
 死に絶えるその時までを数えたりけり

ん〜、ちょっとイマイチ 🙁

「生きるということ」への0件のフィードバック

  1. 【短歌】 とまりゆく時間のなかでわれの息死に絶えるまで今を重ねる
    朝焼けのまぶしい時間すぎゆかばまばゆいだけの昼下がりかな
    寝息たて犬も眠るか朝の陽は昇りゆく空影の減る部屋
    ささやかに聞き耳立ててオトくんは寝息の中へすべり落ちたり
    明るくも暗くもなるか朝の陽は雲の気配をしのばせている
    小さくもためいきのなかすこしずつ…

  2. ■ ありゃりゃ
    タイトルの歌も、ほかの歌も好きでしたよ〜。個人的には、歌の完成度としては、「少しずつ氷のかたち崩れゆくそれが今さと夢みてみれば」のほうが良かったかな。でも「今を重ねる」は視点が、「おっと」と思わせてくれた。つまり、歌自体の完成度よりも、歌に歌われる内容ですね。

    私自身は、自分を歌人や詩人だとは思っていないとは以前書きました。なぜなら、自分のやっていることは、言葉遊びであって、ほとんどの場合、本当の「詩」では無いと思っているからです。本当の「詩」は、そこに語るべきものが無ければいけないと思っているからです。それをあらわすのに、写生は好都合なわけで。ただ、語るべきものがあるときに、それをきちんと語るのは難しい。それで沈黙してしまう。3年くらい平気で沈黙してしまう。それじゃぁいけない、言葉遊び位しようということで、最近ブログにつらつら書いているんです。

  3. え・・・そーなんですか?
    今、また記事をアップいたしまして、・・・悩む。自分で自分の歌はわからないですから。勉強させていただきました。それではまたタイトルを直すか・・・主体性の欠如、です。

  4. 選歌の目
    昨日詠んだ短歌の記事のタイトルを変える。最初は、自分で選んで、 (1) 少しずつ氷のかたち崩れゆくそれが今さと夢みてみれば にしていた。でも、今朝、Natさんのブログへ行ったら、 (2) とまりゆく時間のなかでわれの息死に絶えるまで今を重ねる を選歌してくださってい

  5. 枡野さんのところから来ました。
    よろしく。
    ここは、トラックバックできないのかな?

    出来ないみたいなので。。。。。

    こんなんを創ってみました。
    アメブログのブックマークに全部が登録できないことがわかったので、
    < リンク=http://www.geocities.jp/by_kamome/blogbm.html>ブックマーク一覧を急遽作成。
    これからも、ここに登録していきたいと思います。
    載っけて!と言う人は、ぜひトラバしてね(*^_^*)。
    アメブログの人は、読者登録してくだされば、自動的にリンクできますから相互リンクよろしく!
    です。

  6. ■ 勝手な好みを言うならば…
    すみません、えらそうなことを言って。気にしないでください。勝手な好みを言うならば、

    (1) 少しずつ氷のかたち崩れゆくそれが今さと夢みてみれば

    は上の句が好き。

    (2) とまりゆく時間のなかでわれの息死に絶えるまで今を重ねる

    は、下の句が好きです。

    (1)の下の句は、今となってはちょっと砕けたすぎた感じで、(2)の「とまりゆく時間のなかで」も、何か写生で置き換えたいところ。個人的な好みですが。好きなところだけくくりだすと、

    少しずつ氷のかたち崩れゆく
    われの息死に絶えるまで今を重ねる

    短歌にはなりませんが、これで既に完成している感もあり。無季俳句2首でしょうか。

    ん〜、そうは言っても、やっぱり「とまりゆく時間のなかで」も効いているな。なんて考え始めると、詠めなくなっちゃんですよねぇ…。

    *** その後 ***

    東京駅のキッチンストリートで夕食をとっている間ずっと考えておりまして、今、中央線の中なんですが、こんなのができました。

    音も無く溶け行く氷凝視して
     死までの今を息は重ねり

    まぁでも、オリジナルの力強さは出ないな…。定型詩は難しい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください