曙の真白き雲や

曙の
真白き雲や
テオーリア
愛でたる日々は
凍土に埋もれ

テオーリア【theoria<ギリシア>】
〔哲〕実践的関与の立場を離れて精神の目で物の本質を知的に見ること。観想。理論。(広辞苑より)

アメリカ的プラグマチズムの世界において、テオーリアは永久凍土の下に埋もれてしまっているかのようだ。日々刹那的に利益を追いかけ続けている自分に対して新年の戒めを込めて。(一応、新年ということで、「あけましておめでとう」も込められています:-D わかるかな?)

「曙の真白き雲や」への0件のフィードバック

  1. ご返歌〜♪

    あけゆけば
    真白き雪の
    テオーリア
    愛でて忘るる
    通りゆく風

    何となくわかったんですけど、これ、何と言うんでしたっけ?

  2. すばらしいですね。さすがです。
    こういうの、何て呼ぶのでしたでしょうか?暗号詩という呼び方はあるようですが、もっと適切な言い方があったような…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください