ウィルス治療に光明?!

狂犬病発症の15歳少女、薬物治療だけで奇跡的回復

 【ワシントン=笹沢教一】有効な治療法がなく、人が発症すると100%が死に至るとされる狂犬病で、ワクチン接種を受けていない15歳の少女患者を薬物治療だけで救命することに米ウィスコンシン州の病院が成功した。医師団は少女の神経症状を抑え、強い薬剤の影響から弱った神経系を守る目的で、麻酔薬と抗ウイルス剤の計4種による「カクテル療法」を決断。少女は奇跡的に回復

ひょっとすると、人間の免疫力では治癒できないウィルスを人類が薬物で駆除した最初の最初の例かもしれない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください