*

ニューヨーク市、市提供のAPIを地下鉄広告で喧伝

公開日: : 政治, 海外

New York City Touts Its API on Subway Advertisements
ニューヨーク市、市提供のAPIを地下鉄広告で喧伝
Adam DuVander, February 3rd, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/02/03/new-york-city-touts-its-api-on-subway-advertisements/

Riders on New York City subways are subject to all sorts of sights. For several months, that has included prominent advertisements for the MTA API, the developer program of New York City’s transit company. The ad (pictured below) includes the headline, “Our apps are whiz kid certified.”

ニューヨーク市営地下鉄の利用者は、さまざまなものを目にする。その中には、ここ数ヶ月、目を惹いているMTA APIの広告のようなものがある。これは、ニューヨーク市交通局の開発プログラムの広告だ。次の写真に見られるように、その広告は「ウチのアプリは、神童製。」との見出しを掲げている。

The full advertisement reads:

Instead of developing transit apps ourselves, we gave our info to the people who do it best. Search the web for “NY transit apps” to see what we mean.

全文はこうだ:

アプリを自分たちで作る代わりに、アプリを一番うまく書く人たちにデータを渡すことにしました。Webで「NY市営交通アプリ」と検索してみてください。そうすれば、何を言っているかわかるようになるでしょう。

The transit agency hasn’t always been so open, but it made a big turn-around over the last year. In January, 2010, MTA was the largest transit agency without open data. Shortly afterward, MTA released some data and in April it co-hosted an un-conference with Google.

市交通局は、以前からこんなにオープンなわけではなかった。大きく舵を切ったのは、昨年一年のことだ。2010年1月[訳注1]には、MTAはオープンにデータ提供をしていない最大の交通局だった。だが程なくMTAは部分的ながらもデータを出すようになり、4月にはアンカンファレンス形式[訳注2]カンファレンスをGoogleと共催するまでになった。

[訳注1] 2010年1月にオバマ政権が発足して、米国政府はオープンガバメント(Government 2.0, Gov 2.0) に大きく舵を切った。このNY市交通局の動きもその一環と思われる。その他の事例としてはWashington D.C.の事例などが有名。オープンガバメントの哲学的背景には、民主主義の強化というような深遠なものがあるが、即物的な面には、財政が困難を極める中、これまで政府が下手くそにかつ高価にやっていたものを、民間に任せてしまうことによって財政支出を削減し、同時に市民の利便性を上げるというものがある。

[訳注2] アンカンファレンスは、オープンソースコミュニティ等でポピュラーなカンファレンスの形式で、事前のプログラムはなく、その場に集まった人たちで興味のあるトピックを出し合い、トピック毎に集まって議論してゆくもの。「カンファレンスで一番役に立つのは、通路などでの立ち話だ」という経験をもとに、立ち話の方をメインに据えた形なので、「アンカンファレンス(カンファレンス解体)」と言われる。通常のカンファレンスが旧来型ウォーターフォール形式であるのに対して、カンファレンスのアジャイル版であり、ここでは守旧派に対するアンチテーゼの意味も持っている。

Photo via New York Observer. Hat tip: David Bressler.

Related ProgrammableWeb ResourcesLearn more

Ads by Google

関連記事

task_20force-economics

お金を刷って、景気を良くしよう

お金を刷って景気を良くしようということをいうと、直ぐにハイパーインフレを起こす気か?とか、気違い沙汰

記事を読む

老人・お年寄りのイラスト

元気な高齢者が元気じゃない高齢者を支える社会

社会保障って何でしょうか? 私の考える社会保障というのは、何かハンデを追ってしまった人を、そう

記事を読む

task_20force-economics

経済成長のための電子政府への8つの施策〜プラットフォーム志向への転換

昨年11月に、デンマーク政府を訪問した。3年前にOCES II 開始前の取材にいったののフォローア

記事を読む

no image

高校一年のお正月

正月でだらだらしていて、ふと思い立って昔の日記を開いてみた。 高校一年のときの大晦日から正月にかけ

記事を読む

no image

新井将敬の死の不可解

1998年2月19日午後12時過ぎに、日興證券とのあいだの不正取引で、その日逮捕の予定であった新井将

記事を読む

no image

マスコミの取材ってつくづく難しい

先日新潟大学の鈴木先生と話していて、マスコミの取材は本当に難しいなという話になった。日経コンピュータ

記事を読む

no image

菅代表と猪瀬氏、無料化案で火花

民主党の菅代表と作家の猪瀬直樹氏が25日、故石井紘基・民主党衆院議員の一周忌の会合で、道路公団民営化

記事を読む

no image

イラクの戦争は終わったか?

 イラクの戦争が終わったという。このまますんでくれれば本当に良いのだが、ほんとうにそうであろうか?

記事を読む

no image

怒った、日本人

〜市場は年初から大暴落。政府予算案に不信任を突きつけたが、政府は...〜 1月号で政府予算案の

記事を読む

no image

規制を緩めよう、幸せになるために ~規制をゆるめるということの重要性 ~

「全知全能の善意の神はいない。その証明は簡単だ。この世の全ての不幸がその証明 だ。」 選好関

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

オーストラリアHELP残高推移
政府、マイナンバーを利用した「所得連動返還型奨学金」を導入する方針

文部科学省は、2018年度から大学生の奨学金制度に「所得連動返還型」を

fb-down-300x256
Facebookに対してウィーンで集団訴訟–プライバシー法違反の疑い

Facebookは同社に対するプライバシー関連の苦情に対処しなければな

National Coordinator for Health Information Technology
米国保健福祉省国家医療IT調整室(ONC)がOpenID Foundationに理事として加盟

米国保健福祉省(HHS)国家医療IT調整室(ONC)が、現地時間8月2

図1 安心マーク
JIPDEC、ヤフー他6社と組んで、なりすましメール防止ソリューションを銀行へ提供開始

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のプレスリリースによると、ヤフ

うさぎ
政府、マイナンバー用コールセンター10月を目処に設置へ

政府は10月をメドに、内閣府に社会保障給付と納税を1つの個人番号で管理

→もっと見る

PAGE TOP ↑