*

ニューヨーク市、市提供のAPIを地下鉄広告で喧伝

公開日: : 政治, 海外

New York City Touts Its API on Subway Advertisements
ニューヨーク市、市提供のAPIを地下鉄広告で喧伝
Adam DuVander, February 3rd, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/02/03/new-york-city-touts-its-api-on-subway-advertisements/

Riders on New York City subways are subject to all sorts of sights. For several months, that has included prominent advertisements for the MTA API, the developer program of New York City’s transit company. The ad (pictured below) includes the headline, “Our apps are whiz kid certified.”

ニューヨーク市営地下鉄の利用者は、さまざまなものを目にする。その中には、ここ数ヶ月、目を惹いているMTA APIの広告のようなものがある。これは、ニューヨーク市交通局の開発プログラムの広告だ。次の写真に見られるように、その広告は「ウチのアプリは、神童製。」との見出しを掲げている。

The full advertisement reads:

Instead of developing transit apps ourselves, we gave our info to the people who do it best. Search the web for “NY transit apps” to see what we mean.

全文はこうだ:

アプリを自分たちで作る代わりに、アプリを一番うまく書く人たちにデータを渡すことにしました。Webで「NY市営交通アプリ」と検索してみてください。そうすれば、何を言っているかわかるようになるでしょう。

The transit agency hasn’t always been so open, but it made a big turn-around over the last year. In January, 2010, MTA was the largest transit agency without open data. Shortly afterward, MTA released some data and in April it co-hosted an un-conference with Google.

市交通局は、以前からこんなにオープンなわけではなかった。大きく舵を切ったのは、昨年一年のことだ。2010年1月[訳注1]には、MTAはオープンにデータ提供をしていない最大の交通局だった。だが程なくMTAは部分的ながらもデータを出すようになり、4月にはアンカンファレンス形式[訳注2]カンファレンスをGoogleと共催するまでになった。

[訳注1] 2010年1月にオバマ政権が発足して、米国政府はオープンガバメント(Government 2.0, Gov 2.0) に大きく舵を切った。このNY市交通局の動きもその一環と思われる。その他の事例としてはWashington D.C.の事例などが有名。オープンガバメントの哲学的背景には、民主主義の強化というような深遠なものがあるが、即物的な面には、財政が困難を極める中、これまで政府が下手くそにかつ高価にやっていたものを、民間に任せてしまうことによって財政支出を削減し、同時に市民の利便性を上げるというものがある。

[訳注2] アンカンファレンスは、オープンソースコミュニティ等でポピュラーなカンファレンスの形式で、事前のプログラムはなく、その場に集まった人たちで興味のあるトピックを出し合い、トピック毎に集まって議論してゆくもの。「カンファレンスで一番役に立つのは、通路などでの立ち話だ」という経験をもとに、立ち話の方をメインに据えた形なので、「アンカンファレンス(カンファレンス解体)」と言われる。通常のカンファレンスが旧来型ウォーターフォール形式であるのに対して、カンファレンスのアジャイル版であり、ここでは守旧派に対するアンチテーゼの意味も持っている。

Photo via New York Observer. Hat tip: David Bressler.

Related ProgrammableWeb ResourcesLearn more

Ads by Google

関連記事

Executive Order   Improving the Security of Consumer Financial Transactions   The White House

消費者の金融取引の安全性向上のための大統領令発布 – クレジットカードのICカード化や政府サイトの多要素認証対応など

2014年10月17日付で、消費者の金融取引の安全性向上のための大統領令が発布されました。

記事を読む

マイナちゃん

吾輩は兎である。名前はまだ無い。【マイナンバー】

社会保障と税の共通番号制度(マイナンバー制度)のマスコットキャラクターが、去る5月30日に決まりまし

記事を読む

no image

怒った、日本人

〜市場は年初から大暴落。政府予算案に不信任を突きつけたが、政府は...〜 1月号で政府予算案の

記事を読む

no image

権力を支えるために

権力を支えるためにメディアあり人を殺すに銃器はいらぬ マスコミの言論の自由はマスコミが何とでも言う

記事を読む

Le Colonial, San Francisco

Tayler St. を Post St. の北までちょっと上り、左手の細い道に入った奥の広場の

記事を読む

no image

CIO三題

CIOという言葉はしばしば使われるが、必ずしも意味が一定しているわけでは無いようである。CIOにまつ

記事を読む

マイナちゃん

政府、マイナンバー用コールセンター10月を目処に設置へ

政府は10月をメドに、内閣府に社会保障給付と納税を1つの個人番号で管理する「マイナンバー制度」のコー

記事を読む

task_20force-economics

経済成長のための電子政府への8つの施策〜プラットフォーム志向への転換

昨年11月に、デンマーク政府を訪問した。3年前にOCES II 開始前の取材にいったののフォローア

記事を読む

whitehouse

米国で消費者権利章典法案がホワイトハウスによって公表されました

日本時間28日(土)に、米国ホワイトハウスが、消費者権利章典法案を公表しました。これは、以前発表され

記事を読む

no image

バンクーバーでのSIM

IETF 84 に来ている。 例によってSIMゲットするわけだが、今回はTelusのをゲットし

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

David Recordon
オバマ大統領、デビッド・リコードンをホワイトハウスの「情報技術長官(?)」に抜擢

photo by Brian Solis (2009) CC-BY。

プライバシーフリーク本
夏井先生の日本の個人情報保護関連法制に関する論評に激しく同意した件

夏井先生のプログに、いわゆる「プライバシーフリーク本」[2]の論評に形

Data-Protection-ilm2007_02_0215-s
[個人情報保護法改正] 匿名加工情報と第三者提供記録について(3/13 8:50改定)

個人情報保護法改正案が火曜日に閣議決定されて公開されています。

whitehouse
米国で消費者権利章典法案がホワイトハウスによって公表されました

日本時間28日(土)に、米国ホワイトハウスが、消費者権利章典法案を公表

Data-Protection-ilm2007_02_0215-s
セミナー:企業にとっての実践的プライバシー保護~個人情報保護法は免罪符にはならない

明日3/2、OpenID BizDay #8 で、「企業にとっての実践

→もっと見る

PAGE TOP ↑