*

ニューヨーク市、市提供のAPIを地下鉄広告で喧伝

公開日: : 政治, 海外

New York City Touts Its API on Subway Advertisements
ニューヨーク市、市提供のAPIを地下鉄広告で喧伝
Adam DuVander, February 3rd, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/02/03/new-york-city-touts-its-api-on-subway-advertisements/

Riders on New York City subways are subject to all sorts of sights. For several months, that has included prominent advertisements for the MTA API, the developer program of New York City’s transit company. The ad (pictured below) includes the headline, “Our apps are whiz kid certified.”

ニューヨーク市営地下鉄の利用者は、さまざまなものを目にする。その中には、ここ数ヶ月、目を惹いているMTA APIの広告のようなものがある。これは、ニューヨーク市交通局の開発プログラムの広告だ。次の写真に見られるように、その広告は「ウチのアプリは、神童製。」との見出しを掲げている。

The full advertisement reads:

Instead of developing transit apps ourselves, we gave our info to the people who do it best. Search the web for “NY transit apps” to see what we mean.

全文はこうだ:

アプリを自分たちで作る代わりに、アプリを一番うまく書く人たちにデータを渡すことにしました。Webで「NY市営交通アプリ」と検索してみてください。そうすれば、何を言っているかわかるようになるでしょう。

The transit agency hasn’t always been so open, but it made a big turn-around over the last year. In January, 2010, MTA was the largest transit agency without open data. Shortly afterward, MTA released some data and in April it co-hosted an un-conference with Google.

市交通局は、以前からこんなにオープンなわけではなかった。大きく舵を切ったのは、昨年一年のことだ。2010年1月[訳注1]には、MTAはオープンにデータ提供をしていない最大の交通局だった。だが程なくMTAは部分的ながらもデータを出すようになり、4月にはアンカンファレンス形式[訳注2]カンファレンスをGoogleと共催するまでになった。

[訳注1] 2010年1月にオバマ政権が発足して、米国政府はオープンガバメント(Government 2.0, Gov 2.0) に大きく舵を切った。このNY市交通局の動きもその一環と思われる。その他の事例としてはWashington D.C.の事例などが有名。オープンガバメントの哲学的背景には、民主主義の強化というような深遠なものがあるが、即物的な面には、財政が困難を極める中、これまで政府が下手くそにかつ高価にやっていたものを、民間に任せてしまうことによって財政支出を削減し、同時に市民の利便性を上げるというものがある。

[訳注2] アンカンファレンスは、オープンソースコミュニティ等でポピュラーなカンファレンスの形式で、事前のプログラムはなく、その場に集まった人たちで興味のあるトピックを出し合い、トピック毎に集まって議論してゆくもの。「カンファレンスで一番役に立つのは、通路などでの立ち話だ」という経験をもとに、立ち話の方をメインに据えた形なので、「アンカンファレンス(カンファレンス解体)」と言われる。通常のカンファレンスが旧来型ウォーターフォール形式であるのに対して、カンファレンスのアジャイル版であり、ここでは守旧派に対するアンチテーゼの意味も持っている。

Photo via New York Observer. Hat tip: David Bressler.

Related ProgrammableWeb ResourcesLearn more

Ads by Google

関連記事

no image

自衛隊のイラク派兵について

百歩譲って、米国のイラク攻撃は、米国の自衛のためだとしよう。 その段階で、日本はイラクから攻撃を受

記事を読む

Personal_Data_Emergence_New_Asset_Class_low

WEF(ダボス会議主催者)が新たなレポートを発表

ちょっと旧聞に属するが、2/17にWorld Economic Forum (世界経済会議:例の

記事を読む

no image

金融検査庁を設立せよ!

昨年の10月からの「今週の大型倒産」に慌てふためいた政府は、ポリシーもへったくれもなく、減税を決めた

記事を読む

no image

バグダッドは燃えているか?

Baghdad Burning  リバーベンド女史によるイラク関連の戦争、政治、占領に関するB

記事を読む

no image

キリマンジャロの頂に灯を掲げよ

キリマンジャロの頂に灯を掲げよ。 絶望に希望を、憎しみに愛を捧げるために。  - タンザニア

記事を読む

no image

Tilden 〜 Sonoma

朝五時半起床。Owen の家の離れからは、明けてゆくGolden Gate Bridge が見える。

記事を読む

no image

怒れ、日本人

〜十兆円大増税、国債削減は七兆円:このままコケにされて良いのか!〜 先の、初の小選挙区選挙で、

記事を読む

プライバシーと他の権利の関係

プライバシーって何?

洋の東西を問わず、プライバシーという単語はあやふやな理解の上で議論されることが多い単語です。

記事を読む

no image

東京大虐殺から60年

今日は東京大虐殺からちょうど60年だ。東京大空襲などと、アメリカに慮った表現をしているが、1日に10

記事を読む

Mother Teresa by Beao

家族とは

先日、マザー・テレサが亡くなった直後、あれはNHKだったと思うが、彼女の率いていた修道会と、彼女の活

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

OpenID Certified ロゴ
グーグル、マイクロソフト、ペイパル、野村総合研究所などの実装がOpenID Connect適合性試験に合格

(図1)OpenID Certified ロゴ 米OpenID®

+NatSakimura/about
【個人情報保護法改正】第三者提供記録義務について【Part 2】

さて、3/12に指摘した第三者提供記録義務についてだが、その後4月1日

David Recordon
オバマ大統領、デビッド・リコードンをホワイトハウスの「情報技術長官(?)」に抜擢

photo by Brian Solis (2009) CC-BY。

プライバシーフリーク本
夏井先生の日本の個人情報保護関連法制に関する論評に激しく同意した件

夏井先生のプログに、いわゆる「プライバシーフリーク本」[2]の論評に形

Data-Protection-ilm2007_02_0215-s
[個人情報保護法改正] 匿名加工情報と第三者提供記録について(3/13 8:50改定)

個人情報保護法改正案が火曜日に閣議決定されて公開されています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑