GAIN Panel in Main Stage

Global Identity GAINs Global Interoperability

金曜日の朝、前日夜のIdentiverse伝統のハードなパーティー(わたしは行きませんでしたが)の後、朝8時半に人が集まり、最終日のキーノートセッションが始まりました。Andi Hindle のイントロダクションから始まり、Don ThibeauによるOpenID Foundation キム・キャメロン・アワードの発表(わたしはバックステージにいたので見れませんでした)、そして最後に我々のパネルが30分ほど行われました。

午前8時45分〜午前9時15分 基調講演

パネリストは以下の方々です。

話の内容は、基本的には、信頼できるネットワーク間の相互運用性についての話でした。既存のネットワークを活用するという考え方は、多くの法域で絶大な人気を誇っているようです。

Network of networks, given first in my presentation at EIC 2021 Keynote

また、スマートフォンが一人一人に行き渡る「金持ちのコンピューティング」のユースケースだけでなく、スマートフォンにアクセスできず、回線も電気も散発的なケースも考慮する必要がある点にも触れました。

より詳しい内容については、Identiverse 2022のアーカイブが公開されてからこの記事を更新します。

(写真提供:Brian Campbell)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください