EU司法裁判所、US-EUセーフハーバー協定無効判断

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)司法裁判所(ルクセンブルク)は6日、米企業が個人情報をEU各国から米国に移転することを特別に認めた「セーフハーバー」と呼ばれるEUと米国間の取り決めについて、情報が十分に保護されておらず無効だとの判断を下した。(http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015100600844&g=int)

来ましたね。スノーデン事件以降、こうなるのではと言う話はよく出ていたのですが、経済的なインパクトからそうはならないだろうとも思われていたわけで。HPさんの用にセーフハーバーだけでなく、BCRとかもやっているところは、その先見性が評価されるべきなわけですね。

欧州委員会のティメルマンス第1副委員長は記者会見し、取り決めは無効でも、当面は現行規則の範囲内で情報移転の継続は可能だとの認識を示した。

ま、そりゃそうですよね。経済とまっちゃうもの。これから、米国はどう対応するか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください