カップヌードルCM「NY/サムライーK」 は本当に木刀でボールを打っているらしい

巌流島へ行く武蔵よろしくハドソン側を木刀を削りながら渡るSAMURAI-K。ついた先は完全アウェイのテニススタジアム。変なのが来た、木刀なんかでテニスが出来るわけがないと冷笑する観客。だが…

最初見た時は、当然CGだと思いましたよ。本当に木刀で打っていたとは…[1]。まぁ、常に芯で捉えていたら、ラケットの大きさはあまり関係ないのか…。

しかし、すごすぎ。カッコイイ。

それはそうと、インスタント麺というのは、実は日本発のスゴイ発明なんだぞ。東南アジアでは既に国民食になってしまっているようだし。加えて、それをカップヌードルにすると、あれもまたスゴイ発明。1年間のインスタント麺の消費量はなんと954億食[2]。日清食品エライ!正に、日本からアウェイの世界に出て行ったサムライだ。

みんな、発明者の安藤百福さんのこと、もっと知ったほうが良いと思う。

[1] http://www.cupnoodle.jp/cm/samurai-k/ 参照

[2] 1年間で全世界の即席めんの消費量は953.9億食, WIZBIZ, (2012/3/7)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください